2020/05/17

佃 七緒 展「お家で展示プロジェクト参加者募集のお知らせ」・・・。2020年10月に延期。それにさきがけて。

築300年の石積みの家
ここは代は代わっても今も誰かが住んでいる。
ここで佃七緒は3か月に渡って制作した。
 
佃七緒さん
 
そこで使われなくなった錆びた金具類
これらもあるべき場所があっただろう。 
 
 
 
 
 プロジェクトに参加してくださる方に届く枠。
錆びた金具、スペインの和紙も
同封いたします。


3月に予定していました大阪・ギャラリー佑英での個展「石積みの家との18通信」は2020年10月頃に延期となりました。

展覧会の延期にあたり、人の移動に制限のある現状を前向きに捉え、10月の展覧会を開催する前から本展に参加いただくというプロジェクトを始めます。

展覧会を開催する前に、自宅や仕事場にて、「作品を展示してみること」や「スペインから来た部品を旅させてみること」にご参加いただける方を募集します。

--------------------------------------------------------------------------

●ウェブ募集期間:5月17日-5月31日
●プロジェクト期間:6月中旬-7月31日(期間終了後は作品返却)

●同封物:
作品1セット、作品関連冊子1冊、作品とプロジェクトの説明書1式
●参加費用:1650円(冊子代・税込)
●お届け方法:郵送(配送代はこちらで負担いたします。)

●募集人数:9名

●応募方法:
5月31日までに facebookメッセンジャーにて 、主催者:
佃 七緒 (Nanao Tsukuda)または 大森 俊子 (ギャラリー 佑英)まで、参加希望をご連絡ください。(ご質問等お問い合わせもこちらまで。)

---------------------------------------------------------------------------

<作品について>
・本展の作品は、スペイン北部の石積みの家から頂いた、家の古い部品でできています。作品と共にそれらの部品が「元いた家を出て移動していく」ということをコンセプトにしています。

・作品サイズ:縦42cm×横50cm×厚さ9cm
 (置き方次第で高さや厚みが多少変化します。)
・素材:木・紙・金具・写真・封筒

・壁掛けのための金具を同封します。自立する厚みもあるため棚置きなども可能です。

---------------------------------------------------------------------------

<プロジェクト参加でお願いしたいこと>
1.「作品の展示方法をいろいろ試す」
作品は、元々いくつか置き方を変えることができるよう、未完成に作られています。その時々の気分や設置場所に合わせて、どの部分をどのように見せるのか、置き方をさまざまお試しください。

2.「作品写真撮影・ご提供のお願い」
お渡しした作品を設置した様子の撮影、及びその写真の提供をお願いします。写真は2枚お願いいたします。1枚はスペインの石積みの家に送ります。1枚は10月の展覧会の際に合わせて展示させていただく予定です。

3.「気にしないこと」
私の作品は未完成な状態が普通です。手に取って動かしていただく際に壊れたり汚れたりしても気にせず、ただ大切に思って取り扱っていただければ幸いです。

——————————————-

以上、本プロジェクトに関するお問い合わせは、上記「応募方法」をご確認の上ご連絡ください。


 

2020/05/16

「コロナ死ね!」時間がいっぱいあるのにブログさぼっていて申し訳ありません。Facebookも見てね。

孫の湊にも会えません。
お嫁ちゃんから届いた写真
「環水平アーク」という虹。
興奮して大喜びの叫び
バアバには
「コロナ死ね!」って聞こえる。

「Love stone project-home」
石の彫刻家の冨長敦也さんが送って下さった石を家族で磨きました。
ハート型の石と、7段階の紙やすりも封筒に入っていて、水に浸して少しづつ磨きます。
イタリアのトラバーチン

イランのトラバーチン
インドのオニックス
このような石が自宅にあると、違う空間にいるよう。
同じ時間、同じ場所にいる上に同じ作業をするって良いなあ。



土と石で描く絵師の福井安紀さんからの「アマビエ」
今もひたすら作ってはります。
涙が出そうになりました。
優しい顔。
私を守ってや!

着付けの先生から届いたマスク
嬉しすぎて寝ても起きてもつけています。

木本昌美さんから届いた絵
「コロナの終息を願って」とはがきにありました。
一枚一枚書いています。
宇宙の底から湧いてくるような力を感じました。
昌美さんの優しさが凄い。
 
 菊地ルイちゃんからです。
「アマビエ」
強そうや。頼むで。

「月の森の夢ー魔法にかかった革と金と布ー」は一年延期しています。




写真は昨年、三人展のメンバーが、ファッションミュージアムで勉強会の後、我が家へ寄ってくれた時のものです。
現在発売中のクラシズムのインフォメーションには
2020年
5月16日~22日からと掲載されています。

訳あって来年に延期しています。
今、流行しているアレとは違います。

同じメンバーで同じ内容(グレードアップしています。)で一年後開催致します。
よろしくお願いいたします。

 
「月の森の夢
ー魔法にかかった革と金と布ー」


月灯りのもとで奏でられる
三つの夢のハーモニーに耳を澄ませてください。

レザークラフト
安藤なおみ

コンテンポラリージュエリー
菊地ルイ

テキスタイルコラージュ
田中香織

 
楽しくないはずございません。
この後、バスに乗り遅れました。
楽しかったね。

3人展
コラボ作品