2019/06/24

植松永次作陶展「散歩の中で」終了いたしました。


これは、植松永次陶展「散歩の中で」の床。
 
終了してから20日以上が過ぎた。
 
小さい宇宙のような空間がまた白の箱。
 
植松さんにはギャラリー佑英を始めて、最初からお世話になっている。
個展、グループ展、よそでの展覧会。
そのたびに新しい作品で新しい空間を作ってくださった。
 
語られる言葉がこころに残る。
 
今回もそう。
 
「人を感動させようとは思わない。自分が楽しんでつくればそれで良い。」
 
「自分の思いを込めた作品なんて、見てくれる人にとって重いだけ。」
 
「佑英がしたい展覧会だけをするように。」
 
それから優しい言葉かけもたくさんいただく。
 
いつも終わったらのびのびした気分になる。
深呼吸したくなる。

2019/05/27

植松永次昨陶展「散歩の中で」始まりした。

ギャラリー佑英オープン当初からお世話になっている
植松永次さん。
 
写真は、植田寿典さん、佐藤信次さん、
他いろんな方のを頂戴しています。
 


 



 




























 


2019/05/20

「湊の記録」だんじり祭り

 本住吉神社の宮入の帰り道
湊のだんじり
 
大山からはそれぞれの家へ。
次の日、だんじりの宮入にやってきた。
 
恵子ちゃんに盗撮された姑



 
お泊りして次の日。
ルンバはまるで手下のよう。
相変わらず大好き。


怖い怖い階段
 
ランチはハンバーグをしっかり食べてくれた。
ばあちゃんは昔からハンバーグ得意だったのよ。

それから小さいテラスのお掃除。



良いお天気だから住吉川へ散歩に。
やはりいつものようには調子が出ない。
良いお天気で川を歩いていると風が爽やか。








帰ってきてもルンバをこきつかう。
久しぶりにたっぷりと湊との時間が持てた。
体調が悪い時も、疲れていることもあるだろうなあ。
なんて思う。
 
3人が帰ってしまった後の寂しさったらない。
でも、家族で暮らしているから心配はしなくて良い。
たっぷりと愛情を貰って大きくなろう。
私たちもたっぷりあげる。
必ず優しい人になる。