2018/07/26

暑中お見舞い申し上げます。

しばらくお休みしていますが、エネルギーと、情報と、御縁を
蓄えて、高くジャンプするべく身体を低くしております。
皆様、お身体御専一の上、過酷な夏を無事にお過ごしください。

2018/07/19

宮本信代さんを訪ねて。

墨絵作家 宮本信代さん。
アトリエにて。

京都の亀岡まで宮本さんを訪ねた。
作品や、本を見せていただくにつれ
佑英で展覧会をしていただきたいと思うようになった。
何より、お話をしているうちに、
宮本さんに対する興味がドンドン湧いてきて
(失礼をお許しください。)、
「行かせてください。」と頼み込んだ。

亀岡駅の近くの「へき亭」を予約して下さり
宮本先生の運転でまずは昼食。
 300余年続く武家屋敷
 崩れ落ちそうな土塀



ここは、数多くの映画やドラマの舞台になっているそうだ。

 書家の上田普先生は宮本さんの息子さん。
一緒に行ってくれました。
革の作家の安藤なおみさん一緒に来てくれました。


 もの凄くリラックスしながらミーティング
 これだいぶあかんな。

友人の溝井康子さんも。
お料理も器も女将さんも素晴らしい。
お床、脇床の飾り物。
たくさんの書。
襖絵、衝立。
庭。
手を加えられていない姿が美しかった。

濃い緑の中、宮本先生のご自宅へ。
「道楽です。」とおつしゃられた大きなご自宅。
たくさんの建具は夏使用の「簾戸」
先生のところも立派な床、脇床。
コレクションの硯も見せていただいた。
立派な李朝箪笥。
古い水屋。飾棚。
なんでやろ。
写真が無い。

別棟のアトリエに。
 自分で作られた洋服
優しい笑顔に秘められた力強さ。
 階段の踊り場のライト
 まだ小さいスイカ。可愛い。

前栽の花々。松や、もみじ。
畑の様々な植物。

盆地の亀岡。
暑かったけれど
先生の家は、田んぼをわたって来る風が気持ち良かった。 

2018/07/09

湊の記録「2歳の誕生日とアンパンマンミュージアム」

アンパンマンミュージアムの食パンの中

7月8日で2歳になりました。
すくすく大きくなってくれた事、感謝。
ママの手作りケーキ
タルトを焼いて、カスタードクリームをのっけて、
ビスケットで線路をこしらえ上にトーマス。
巨峰のトッピング。
まずは、おやつに1回目のハッピバースデー。
湊は少しの時間はおとなしい。
 じいちゃんとばあちゃんからのプレゼントに奇声を挙げて喜ぶ
大好きな働く車。
佑一も英司もそうだったわ。
晩御飯は、湊はカレーライス。
あまり食べず。



 生クリーム、本日解禁
湊、ママの分まで。大好き。
「長男の佑一はクリーム系
英司はおかき系だったわ。」
なんて思い出話もしたりして。
倒れないようにしている模様
「誰か怒らないの?」といわんばかり。
にたー。と笑っている時は要注意。
おニューの甚平は、くまひこさんに作って貰った。
本当はもっと綺麗なブルー。
ガーゼ二重。
すでに食べ汚しがいっぱい。

さて次の日はアンパンマンミュージアム。
貴重なショット。
ばあちゃんの膝に乗った。
特筆。朝食の納豆、1箱半。
かなりでかいタイプ。
それだけ。
ランチはumieのレストランでケチャップドリア完食。
バースデーイベントでは、のってくれた。
「一番楽しそうだった。」親曰く。
後は、走る、走る。
「飛びぬけて一番走ってた。」ババ。
誰がいても適当に平気で、適当に気を使っている様子。
「ええやん。」と内心思う。




 ママは日々湊のおっかけ。大変やろ。

 踊っています。


 これ以上傍までいけませんでした。
 ちょっと疲れてくれたので海の見えるカフェで休憩


 大好きなクレーン車が見える海岸へ。
ここでも、もの凄い勢いで走るので怖ろしい。
クレーン車は乗るより見る方が好きみたい。

ああ、楽しい2日間が終わってしまった。
階段を上がってきたら良いのになあ。と暫くの間思う。
それも素晴らしいおみやげ。

ほぼ撮影 恵子