2017/08/26

山口岩国への小旅行 五橋文庫へ

この展覧会を観たいと家人と出かけて行きました。
東京の酒文化研究所の山田さんが送ってきてくださった。
「目の眼」で連載されていた「蚯蚓の呟」が単行本になり、
パラパラと見るだけだが、たいてい脇に置いていた。
その本に載っている品が直に観られる事になったという。
家人も同行する事になり、チケットを準備してくれた。
岡山を過ぎたあたりで、このチラシを家人に
「こんなんやから・・・。」と言いながら渡した。
「エーッ!俊子ちゃん、今日は休廊日や。」
「エーッ!。」
火・水・木が休廊日だった。
大ショックだったけれど目的地まで行った。
錦川
美しかった。
怒らんと面白がってくれた。
錦帯橋は凄かった。
大きかった。
錦帯橋を渡れば様々な観光するところがあった。


上三つが休館だった五橋文庫。

吉香公園の中
 佐々木小次郎


 鵜達
 新参者の鵜を躾けている。

白蛇館



 ロープーウエイ山頂へ。そこから岩国城へ
 ロープーウエイの乗り口にあるからくり時計
 鵜達が回っている
鮎釣りをしている様子。
長い竿。

岩国観光ホテルで温泉に入ったり、
岩国名物のランチを食べたり、
始終楽しかった。
又行けると思うと益々楽しくなった。


2017/08/18

あれからひと月しかたっていないのに・・・。バババカの記録。湊ロス。

15日は、二男の英司と妻の恵子と湊がお盆の行事に参加。
わかってもわからなくても参加させたいし、
息子達もそう思っているようで嬉しい。
家人の父、先祖を送って行く。
以前は海まで送って行ったが最近は広場まで。
線香だけで見送った。
湊も「まんまんちゃん、あん」

夕刻からは六甲の祥龍寺で行われる施餓鬼に参加。
知らない人大勢。もうもうの煙。時々なるドラ。
湊は全く動じない。
お寺の力と思う。
 汗だく

1日外だったし、1才の子どもを連れているので
晩御飯はファミリーレストランへ。
離乳食持ちこみ可、禁煙、広いテーブル、ベビー用椅子頑丈
少しくらい大きい声を出しても許される。
湊はママが作って来たご飯を完食。
足らなかったので白いご飯を注文。
付いてきたふりかけをかけて半分以上食べた。
よう食べてくれるので嬉しい。

 我が家で
じいちゃんの顔の嬉しそうな事。
大きな手で抱かれて湊も安心。

こんなゲージも。
今はテーブルの下にもぐって、立って、
頭をぶつけて泣く。
学習もしているようで、2日間の間、1日一度だった。

さて次の日、曇り。お待ちかねのプール。
大人が喜んだ。
子どもの力は凄い。
泣いても笑い、転んでも笑い、
笑ってくれたらもっと笑った。
おじいちゃんはゴルフ。
 のびのびと大きくしてくれてありがとう。



 水が面白いらしい。つかまえようと一生懸命。








前回からひと月しか経っていないのに凄い成長。
歩くのもそう。食事の量も増えた。
食物アレルギーなしとのこと。
キャッチボールをする。
転がして湊に渡すと返してくる。
カップに水を入れてジャーとこぼすと、
同じようにしてみせる。
机で頭を打たないようにしている。
コントローラーでテレビをつけようとする。
駄目だと大人に渡して
「つけて。」と、目で言う。
だいぶ湊は賢いと思う。
バババカチャンリン。
帰って2日が経ったがまだ寂しい。

2017/08/09

「さらけ出さねば真の語り部とは言えない」母の出版記念パーティ

「さらけ出さねば真の語り部とは言えない」
出版を祝って、母のお仲間達がパーティを開いてくださいました。
現在、母が共に活動している人達約50人。
母が携わっている4つ(多分)の会、と
個人的にお付き合いのある方々が参加。
記念写真の準備の間
「リハーサル」と称して写しました。
こんなに幸せな顔をしている母を見た事ありません。
元気で過ごしているだけでも嬉しい事なのに
ライフワークがあり、このような素晴らしい方々と共に活動をしているということは、私達にとっても嬉しい事です。
「これからはいろんな方々に甘えて生きていく。」と宣言。


左から、私の友達でもある発起人の郁ちゃん、歌手の川本さん、発起人の川合さん、発起人の今西さん、母、中野さん。
後方 大きな人は母のいとこで県会議員の博康兄ちゃん。
 鏡割り 
母が好きな「梅の宿」の酒を用意して下さった。

博康兄ちゃんが良い話をしてくれた。




歌手の川本三栄子さん。
長崎の原爆関連の唄をうたう。
浪曲と唄が混ざっている。
ちょうどこの日は長崎の原爆の日。
心の籠った感動的な歌でした。

ずっと撮影して下さった方
 本を読んだ感想を話してくれました。
 母の孫のまーくん
「僕はまだおばあちゃんに甘えます。」
仕事で来られなかった妹の夫の代理人。

二上小学校で語り部をした時、
この小学校に通う曾孫のここなも感想文を書きました。
それを読み上げてくださいました。
しっかりと聞いて、思って、書いてくれたのでしょう。
素晴らしい感想文でした。
おばあちゃま、凄く喜んでいたよ。
ここちゃんも、おばあちゃまの事、誇りやね。
「ありがとう、ここちゃん。」

母が40年続けてきた戦争の語り部。
主には小学校。
子ども達から届いた多数の手紙。

母はこれからも、
「命は大切よ。」と語り部を続けて行くでしょう。
丁寧で、心がこもっていて、
フランクな素敵なパーティでした。
益々母は背中を押された事でしょう。
心から感謝申し上げます。

8月12日土曜日午後9時~NHKスペシャルで放映されます。