2016/12/16

「仁城義勝―漆の器―」・・・。終わりました。撮影はアキラさん。

美味しいコーヒーを点ててくれた佐藤さん。
いつもありがとうございます。

撮ってくれたのはアキラさん。

ゆったりと落ち着いた展覧会でした。
ありがとうございました。



2016/12/12

「仁城義勝-漆の器-」・・・。本日休廊です。

我が家は仁城義勝さんの器はハードローテーション。
朝食に焼き飯はなかなかの胃袋でしょ。

本日休廊です。

2016/12/08

「仁城義勝-漆の器-」展・・・。始まりました。写真家の佐藤信次さんが流石のショット。ありがとうございます。


初日に、ゴロゴロ例のコーヒーセットを持ってやってきてくれました。
素晴らしいショットの数々ありがとうございました。





とってもロマンティックな写真。
仁城義勝さんが見たら照れるだろうな。

色も殆どが「ため」
何の絵もない。
3度しか塗らない為、木目が浮かぶ。

3度の内2度は中国製の漆。
最後の1度は、日本製と中国製が半々。
「どうしてか?」と問うと、
今は日本製の漆をつくる人が少なくなっている。
日本製の漆の伝統を繋げるために使っている。
日本製の漆が高いということで余っている。

現在、中国製の漆の質もほぼ日本製に並んでいる。
価格は中国産のものは安価だが、いずれは同じくらいになるだろう。

昨日、島根の出雲から女性が夜行バスで来てくれた。

昨年、東京に住んでいた時に
仁城義勝さんの椀を見て欲しかったけど高くて買えなかった。
やっと出雲で就職できたので一個なら買える、と思っていたところ、
ちょうど夜行バスが安くなっていたので
探してみたらギャラリー佑英がひっかかったらしい。

仁城さんもゆうえいもどんなに嬉しかったか。
バスの時間ギリギリまで、お椀を2つ持って、どちらにしようか悩んでいた。

良かったね。仁城義勝さんにあえて。
いっぱい語れて。
写真もツーショット、いっぱい撮りました。

仁城さんの展覧会。
日常に使う漆ということで高いけど安い。
毎年同じものを、質も変えず、価格も変えず、ずっと作り続けている。
奥の部屋には定番の椀や皿がたくさん並んでいます。
佑英の椅子のまん前にある。
「美しい、美しい。」と呟いている。

佑英がすぐ、
「アートや!」という。
そしたら、仁城さんは、
「違う。器。」と言われる。

でもね、仁城さん。
毎年、付加をかけず同じものを作り続け、
出雲の女性を温かくもてなされる。そんな
姿を見ていたら、やはり美しい物づくりをされる作家さんですよ。

剥げたら塗りなおしてくれます。