2015/03/31

三ノ宮 中華「遊水」

よだれ鶏
麺を貰って残った出汁につけて食べた。
ちょうど良いピリ辛加減。

たいらぎ貝

海老の苺ソースあえ。

今日は仕事帰りに三宮下車。
康子ちゃん、かなちゃんとディナー。

もっともっと食べた。

2015/03/27

立嶋滋樹-闇に聴く-  展覧会始まっています。

立嶋滋樹-闇に聴く- Tateshima Shigeki 3/20-4/1 galleryキットハウス

春のキットハウスでの展覧会が始まると暗い気持ちになる。
どうしてか、と辿っていくと、
2011年3月11日の大震災のすぐ後に開催された
立嶋滋樹さんのキットハウスでの個展に繋がる。

人々はあの時皆落ち込んだ。
アーティスト達もそう。

今回届いたDMは少し明け方に?

ふわあっと優しい気持ちになれるだろうか。
テーマは怖いけれど・・・。
観に行ってきます。

2015/03/26

奈良県の桜井市にあるイタリアン ヴォーノ (BUONO)

これはランチ。
凄いでしょう。
前日はここでディナー。
どれもワンダフル。
そしてリーズナブル。

妹葉子と、葉子の娘のミーちゃんと。
ミーちゃんはいつもニコニコ微笑んでいる可愛い姪っこ。

「わざわざでも又行きたいね。」と話しているほどお気に入り。

2015/03/25

父が天国へ行きました。


みんなで見送りました。

彼岸の中日に笑ったような顔をして逝きました。

2015/03/16

奈良 高取 「町屋の雛巡り」

カンパ箱 置く場所変えても 桜咲く。

3月いっぱい奈良高取で開催。

ちょうど一週間前、明日香の田中茂雄さんの工房を訊ねた。
その帰りに、入院中の父の顔を見に行った時、
母が、「明日香からすぐの高取で雛巡りが見られるよ。」と、話していた。
先週末から再度、父の顔を見に行った際に
妹の葉子と共に行ってきた。

今回は2泊で父の顔を見に行ったが、
いつもの事ながら遊びに行っているようなもの。
というより、邪魔をしにいっているようなものである。

朝ごはんをよばれて、父の病院へ。ずっと妹葉子の車で。
チラッと父の顔を見て、高取へ出発。

この間、明日香へ走った道をもう少し走ったら高取。
雨上がりで寒かったけれど、
妹葉子がカイロを買ってくれていたのでホカホカ。

可愛いお雛様。






ハンギングバスケットのお庭も。


高取町は昔からの町屋が残っている。
土佐街道に面した(おおかた)今もほぼ住まわれている町家で
大切に守られてきた雛人形が飾られている。
どのお雛様を見ても慈しんで育てた子どもに対する愛を感じる。

2015/03/15

「釜戸ダイニング縁」・・・カオリンこと田中香織さんと尋ねました。

空堀商店街から少し入った熊野街道に面したお店。
KA織in  不思議のストールの展覧会の際に、カオリンの友人で、「縁」のオーナー夫人がいらしてくださいました。

お店を改装しようと壁を外したら、
大阪城の掘りの一部が出てきたそうです。
へっついさんでご飯を炊いているらしいし是非行きたい。
やっとカオリンと一緒に行ってきました。

大阪城のお堀の一部。

素敵でしょう。

オーナー夫人
かっこ良い。

これがご自慢のへっついさん。
凄い蓋。
米が美味しく炊けるはず。




2015/03/11

雪の舞う明日香、田中茂雄さん工房へ。

美しい奥様の手料理でお迎えくださった。

へっついさんで炊いてくれた米。
見るからに。

鉄釉の角皿
左の白磁の中には自宅に育つキウィを
奥様が酵素にされジュースになったものが入っていた。

数種類の菜の花が野菜のメイン。
サラダ、白和え。


車麩を戻し薄味で煮てカツにしたもの。

里芋にオレガノ等ハーブでまぶしてオーブン焼き。

器は田中茂雄さん。

最初に目に入った釘隠し。
(土門拳を思い出す)

床の椿。
敷き物は石棺とのこと。

田中家の床の下から発掘された壷。

白鳳時代の瓦。

愛染さんもいらっしゃいました。

数え切れないほどのお部屋の1つ、ここでお昼を頂く。

ずっとしゃべりっぱなし、興奮しまくり、垂涎の又垂涎。
残ったおにぎり頂戴というのは忘れない。


工房。
わらの家。
ストローベイルハウス
こちらも自作。
厚み20センチ程のわらのブロックで壁を造り、
外壁は漆喰で内側は土。

向かって左の白い壁が工房

窓は李朝のもの
良いなあ。貰ったんですって。





母屋

自作のピザ窯。
冷めるので右側に追い炊き用も。
窯の上に乗っているのはコーヒーを焙煎するもの。

はしごを登って洗濯物を干す。

この階段の下にはお風呂。
窓がついてて素敵。

母屋からこの階段を上がり
上の写真の階段を下りてお風呂へ。

素敵なひと時でした。

ありがとうございました。


ギャラリー佑英での展覧会は5月23日~。

強風に雪。
多分寒いのでしょう。
でも全然感じなかった。楽し過ぎました。

2015/03/05

一番欲しかった「ロートレックの料理法」は高すぎて買えなかった。

先日三ノ宮のバーで見つけた「ロートレックの料理法」。
帰ってすぐに探した。
定価、だいたいだが7千円弱。
それが、2万円くらいになっていた。
ヴヴ―。と随分悩んだ。
あきらめた。
それで、安い目の本3冊。昨日届いた。

ロートレック好きやわ。
笑っちゃうほど悲しげで。


ロートレックは料理が好きで作っていた。

これはフェルメールのレシピ。

ここはモネの台所。
こんなテーブル作ってもらおう!

ちなみにこの写真は昨夜の晩御飯。
卵が汚れてごめんなさい。
カツカレ~♪
ルーに隠れているけれどカツは1枚分。
ゆうえいのは小さいのにした。

ビールの後のチリワインも美味しかった。
家人に「このチリおいくら万円?」と聞くと
「多分3千円超えかな。」

「ゲェー!チリで高すぎるぅ。しかもテーブルワイン!」と
叫んだ。
しかし美味しいわ。さすが値はただ取らん。

飲み過ぎて洗いもの放棄。
ごめんあそばせな夜。

2015/03/04

ライブハウス「James Blues Land」へ。ムッシュかまやつ、金子マリ。・・・GreatArtisticPlanet


昨日は神戸のライブハウス「James Blues Land」へ。

写真の左下のグループ「GreatArtisticPlanet」の応援がメイン。
James Blues Landは初めてだし、
ムッシュかまやつのライブも初めて。
金子マリは久しぶり。
家人と二人楽しみにしていた。

ライブハウスは雰囲気のあるところ。
大きな窓からは港が見えるらしい。
床はウッド。ソファは全て古いけれど大好き
一人掛けも二人掛けも。
何人入ったら満席なのかよくわからない。

古い床板が音響を良くしていた。

GreatArtisticPlanet
写真はここまでが許される。

最後に出てきたムッシュかまやつはさすがであった。
金子マリさんも渋い。
バックが凄かった。

ムッシュのステージに上がったミュージシャン全て素晴らしかった。
セッション良かった。
のりまくり・・・やけれど、
ゆうえいの前にはどでかい一人用のソファが
ステージむけて置いてあり、出で行けなかった。
大人しいお客さんばかりで手を打つ人もチラホラ。
でも大人の空間。
ミュージシャンの演奏が心に沁み入る。

途中で入ったコウゲンという人の歌。

~年をとると忘れたい事が多くなる~♪
~悲しい夜は自由になれる~

なんて、ところどころだけれど歌詞が胸に残る。

久しぶりに家人と二人、神戸界隈、大人の時間。
雨がしとしと火曜日の夜。