2014/01/31

エキマルシェのカレー「CAMP」


JR大阪駅のエキマルシェ。

最近ここでランチを仕入れてギャラリーへ。

今日は初めてカレーにした。
キャンプ地で食べるような雰囲気の店。
一日分の野菜が摂れるらしい。

行列していたが、テイクアウトはすぐに対応。
と、言っても注文を聞いてから作るので野菜が煮えるまでは待たないといけません。

「辛さ、どうされますか?」と聞かれ

「3で。」と答えると、

「かなり辛いですよ。」と言われた。

でも辛いカレーが好きなのでそのまま。


今まで食べたカレーの中で
一番辛かった。

目と鼻がつながった、というか、なんと言うか。
目から汗が出た。

でも美味しい。

カレー1に対してご飯5。

半分ほど残った。

持って帰ってヨーグルトを混ぜて食べよ。

テイクアウトのテイクアウト。

今、店名を調べたらなんと
「CAMP」ですって。

2014/01/30

今更ながらの優れ物。脇山さとみの酒燗器。


本日のお酒。
久保田萬壽・・・いわずと知れた美味しくて高価な酒。
越の柏露本醸造・・・純米酒ではないけれど燗にすると

「どんだけ~!」

「ピキッとしている。」家人感。

しっかりとした辛口。

湯煎で5分くらい置いたかな。
本醸造は少し熱め、上燗あたりが良い。

5分の間に益々の美味に。
正しく燗上がり。


銚子をお湯につけたら蓋をする。
お湯が冷めない。

今更ながら「たいしたもの」と、うなづきながら、
今夜も過ごしてしまった。

2014/01/29

冬眠していません。色々・・・。昨夜は中国琵琶奏者閻杰(エンキ)さんのディナーショー。


MEROGOLD

グレープフルーツとポメロを交配して作られた品種
グレープフルーツなんてのはどうも苦手。
すっぱいし、後口が痺れる。

でもこれは凄く甘い。
みかんのように剥いて食べられる。

昨夜、ホテルオークラで、
中国琵琶奏者閻杰(エンキ)さんの
ディナーショーに招いていただいた。
初めて聞いた。
素晴らしかった。

右手の動きは速くって、指が見えない。

ディナーショーの後、三宮のいかりスーパーで
MEROGOLDを購入。


ディナーショーへは家人と。
大阪で仕事がある家人とランチに
華味鳥へ。

ここの唐揚げが最高に美味しい。

「福岡の本社から来ました。」というかっこいい女性が送り出してくれた。
「ここの唐揚げが大好きだけど、どんな下味なの?」とゆうえい。
「ポン酢と柚胡椒につけています。」

すぐに購入。

多分、それ以外に柑橘系のピールのみじん切りも入っているように思う。

お互い仕事を済ませて大阪駅で落ち合い
ディナーショーへ。



自宅にも鉄瓶。

今日など少し暖かそうだけれど、
寒い日が続いた。

先の日曜日、小雪舞う中、「ターナー展」へも出かけた。
ものすごい人。
凄い量の絵。
ただの一度も一番前で見られなかった。



レタスが高い。
サニーレタスが根っこつきだったので
育てることにした。



ディナーショーの帰り、いかりスーパーで、
八海山の酒粕。

これから粕汁つくります。

2014/01/25

肩掛けバック、オーダーしていたのが届きました。sew-saku space Un 洋裁屋・田中明美さんのんです。

世界でたった1つだけのバック。

反対側はこんなん。

中はこんなんやでぇ。

外に小さい入れ物がついていて、開けると
ティッシュ入れがついてるの。
おじさんが
「アロハ!」って手を振ってくれている。

ゆうえいのバックに、必ず入っている物のサイズを
測ってもらったポケットがいっぱい。


sew-saku space Un 洋裁屋・田中明美」の営業部長です。

肩こり性のゆうえいの為に思いっきり軽くしてくれました。


以前にいただいた懐紙入れとお揃いです。

暖かくなったらどこかへこれ持って行こうって思っていたけど、
早く使いたい。
誰かどっかへ連れてって。

気分ルンルン♪になるバックです。

2014/01/24

えもにゃんこと榎森彰子さんと、おかめさんこと紀太美恵子さんご来廊。楽ッのしかったね。


Abracadabra展に参加してくれた
榎森さんと紀太さんがいらっしゃいました。


まずはランチに若木さんへ。
「蕎麦屋では日本酒よ。」と偉そうに。
運転があるえもにゃんにはごめんなさいをしました。

若木の奥様、
「昨日入ったばかりの久保田があるけど冷でがまんして。」
いつも燗をしてくれ、というゆうえいにごめんなさいしてくれた。

ギャラリーへの帰り道あちらこちら寄り道をしました。


これ何?


えもにゃんは、公園やら道端で草やら枝を拾っていました。
絵のモデルにするんだって。


綺麗な花。
セージの花ですって。
えもにゃんに教えていただきました。



いつも一緒の二人。
絶対載せたらあかんと言われていた写真。
のせたった。

又来てね。

本当に楽しかったワン。

2014/01/22

「NAMI」と「UMI」・・・。株式会社角星。


表。多分・・・。



宮城県気仙沼の創業百有余年の
造り酒屋 株式会社 角星が低アルコールの日本酒をリニューアル。

ほぼ日刊イトイ新聞に出来るまでの過程が詳しく出ています。
コピー、デザイン等、今をときめく方たちが集結。

「11日の会」の1月例会のスピーカーの小田明石さんのお母様の関係で
会の一人に送られてきたのを、みんなでいただきました。

ゆうえいはあまりのデザインの可愛さに圧倒されました。



気仙沼の造り酒屋さんがこのネーミングをされたことに
深く心を動かされました。


呑みやすいけれど芳醇。


箱の側面には
高崎卓馬さんが書かれた物語が。

2014/01/21

我が家のカレー・・・。


家人の帰るコールを合図に、油を火にかけ、
カレーをもう一度ストーブに載せ、サラダを盛る。
カレーは我が家のセロリすじカレー。
ご飯炊きたて、カツ揚げたて、サラダもバッチリ。
3人がテーブルに着いた時に、セッティング終了。
ビールを注ぎ合う。
時間をはかりながらしていても、なかなかこううまくいかない。
うまくいった時は、うなりながら
「ヤッター!」

サラダのドレッシングには先日仕込んだレモン塩を使った。
最後にパルメジャーノレッジャーノを雪が積もったほど削った。
これは「原田屋サラダ」からいただいた。


カレー皿はおニュー。
最近出会った作家もの。
我が家には珍しい磁器物。
可愛い図柄、この角度では見えないが、
器の横に物語が書いてある。
お気に入り。
作家さんに猛アタックした。

来月末にギャラリーに来てくれる。
その後、ゆうえいが工房訪問をする。

作家は美しい女性。
キャリア充分です。

2014/01/20

パキラ





昨年秋にムッチーに貰ったパキラ。
植え替えの時期も知らなかった。
時期より、時間とやる気がある時にした。
昨年末。
鉢を大きくして土を足してスポッと移した。

それから約1カ月。
元気。
多分植え替えは成功。

ただ大きくならない。
冷たい玄関に置いていたので
リビングにしばらく置いてみよう。
元々暑い地方の植物だものね。



貰った時のパキラ。

2014/01/16

インポートセレクトショップ 「Bon Voyage」・・・。ナオミちゃんのお店が史上最大のセールをします。


プーケットで年越しのなおみちゃん。
恒例の年越しとの事。
毎日青春まっただ中?

なおみちゃんの店
史上最大のセールをします。

かなり楽しそう。
2月21日~23日まで。

場所は肥後橋商店街を抜けて少しのところにある
画廊の1階2階を使って開催するそうです。

オールシーズンですって。

派手派手のなおみちゃん。
ブロカント141では多大の協力してくれました。

楽しむことも史上最大。
社会貢献も史上最大。

姐さん行くから
「まけてやあーッ!」

2014/01/15

鉄瓶を買いました。


ゆうえいの部屋では外の暗さも寒さも全くわかりません。

先日鉄瓶が届きました。

白湯の美味しい事。

石油ストーブの上の鉄瓶。
錆びないようにするには少々面倒な事もあるけれど、
燗酒すぐできます。

ただ細い銚子しか入らない。

2014/01/14

お肉が食べたかった。


出勤前の家人に今日は「焼き肉するわ。」

そう言って送り出し、1時間ほど後、
「仕事で相生に行くから牡蠣買って帰る。」

そういえば今季満足に牡蠣を食していない。

それなら鉄板焼きにしよう。


牡蠣、したたる牡蠣。
スマイルスマイル。

飲み物が大変でごさいました。

ビール、白ワインに赤ワイン。

そして日本酒。


新潟長岡 越の鶴



黒帯飄々古古酒
金沢 福光屋

どちらの酒も古くから続く蔵元のそれ。

過ごしてしまった。

2014/01/13

レモンソルトをつくりました。


何日か前にテレビでレモンソルトが紹介されていた。

レモンが大好き。
レモンのビジュアルも香りも大好き。
何かをチョイスする時、例えば、ドレッシングとか、
ケーキとか、レモンが入っているものを選ぶ。

テレビでは、レモン3~4個に対して塩が1キロ。

休みの日に作ろうと国産無農薬のレモンを5個購入。

ネットでもう一度作り方を調べたら、
別のサイトに、塩はレモンの1割とあった。

5個のレモンが500グラム。
ということは、塩は1割だから50グラム。

塩の量にあまりにも差がありすぎる。

塩の少ない方で漬けた。

1カ月後が楽しみ。

2014/01/10

「毎月11日の会1月例会」のご案内。

「毎月11日の会1月例会」

『ぼくの見方-東日本大震災から3年』

小田明志さんー


LIKTEN第1号 2009年5月発行

1991年生まれ、慶応義塾大学環境情報学部在学。

クリエイティブカンパニー「ワイデン+ケネディ トウキョウ」に在籍。
高校3年の時に、アート雑誌『LIKTEN』(健康優良知的不良少年少女雑誌リキテン)を創刊し話題になりました。

サブタイトルがこの雑誌の中身をよく言い表していると思います。
第1号のテーマは「政治」です。
第2号は「平和」。
今準備されている第4号は「情報」だとのことです。



小田さんのご両親は気仙沼ご出身です。身近な方が被災されておられます。借り物ではない己の視点を持った多才な22歳は東日本大震災をどうとらえているのか。

○小田明志18歳のインタビュー 幻冬舎インタビュー「幻冬舎もツイッターもUSTもクソ!」
○小田明志22歳のインタビュー <ゆとり世代>の編集者


■ 日時 2014年1月11日(土) 18:30~20:30
■ 場所 大阪駅前第2ビル5階 総合生涯学習センター第5研修室
■ 参加費 千円   ■定員 20名
  事前にお申し込みください。

阿部 健090-1241-0113/田中090-5129-8335
山明美 080-5324-3039/大森俊子090-1718-1482

2014/01/09

33階からは雨も美しい。しかし、写真は食べ物ばかり。


髪飾りをつけた鯛。

仕事を早めに切り上げウルちゃんチヘ。


いつもウルちゃんのお料理は
おしゃれで美味しい。


この金繕いのある皿は山本さんの南蛮焼き締め。
良いですねぇ。


これは、ゆうえいのみやげのミュンヘンの唐揚げ。


まったりとしているけれど、甘ったるくないお酒。


ゆうえいが好きだからと言って買っておいてくれた苺。
美味しい苺でした。

アッという間でした。

4時間。アッという間。

でも何を話したかあまり定かではない。

2014/01/05

ムッチーが風邪気味。エライコッチャ。ムッチーの大好物のレタス豚鍋。そして久しぶりのシグマちゃん。


昨日から風邪気味の息子に
豚肉と野菜たっぷり鍋。
風邪の特効薬。


手前の白い棒は自然薯。
鍋がぶくぶくしてきたところに、すりおろした自然薯を入れる。
すりながらは難しいです。
落ちないから。

見ての通り、〆はラーメンで。


本日のお酒は、楽しみにおいていた日本酒。
「鳳金寶 自然酒 純米原酒」
福島県郡山市


まったりしている。
いやあ、美味しいお酒です。

明日から仕事始めのムッチー。
きっと明日は「元気ィー!一発!」のことでしょう。

2014/01/03

2014年の始まりはいつもと同じ。鶴以外の写真はちえばあちゃんから無断拝借。


里の母からの折り鶴のプレゼント。


2014年の二日目は例年通り里へ。

記念撮影も出来ないほど賑わった。

「正月」

両親。叔母。大叔母。妹達。パートナー。子ども達。
その子どもたち。
従兄弟。従兄弟の子ども達。
家人。二男。



3日目はダラダラ。

明日から家人は仕事。

ゆうえいはもう少しダラダラさせていただきます。


妹達と。

2014/01/01

正月早々のお見苦しき事、平に平にご容赦を。


家人は去年が還暦でした。

家人は少々還暦祝いをしてもらえていないことで
悲しい思いをしていましたが、
家人を除くゆうえい達は密かに着々と進めていました。


ゆうえいは馬鹿でカメラの充電池をギャラリーに忘れ、
しかも電池は全てゼロ。

携帯を駆使しての動画に記念撮影。

笑った笑った。お正月から大声出して大笑い。


佐希子の手作りのケーキはガトウショコラ。
ゆうえいに言われて赤くしてくれました。
すごく美味しかったです。






赤色のお重


バカラのワインカップ。


佑一 佐希子からのプレゼント。


ありがとう!
佐希子。


家人がどんなに喜んだか。
ああ、すっとした。

しゃべりのゆうえいがお口チャックしていたのですから。