2013/11/30

朝ごはん。少々餌的。


昨日の朝ごはんは、その前の日、
masumiちゃんが持ってきてくれたパンをいただいた。
masumiちゃんはなかなかのパン通。
新しくできたパン屋のパンをたくさん持ってきてくれた。
触感が変わっていてとても美味しかった。
ただ、ムッチーが風邪気味でパンが食べにくかったため、
にゅう麵と、このでかい鍋に、もち麩をたっぷり入れ
卵でとじたのをどうぞした。

朝食後、その麩の鍋に鶏肉とeijiさんが持ってきてくれた大根と
葉っぱを入れて、昼休みに帰ってくるムッチーに、と用意しておいた。

写真は今朝の分。
昨日もスーパーが開いている時間に帰られなかったので、
遠回りしてセブンイレブンに寄りホットドックを3個。
「わかめのスープとホットドックで良いか。」と、思いながら帰宅すると、
大鍋にまだスープが残っていた。

しめしめ。

今朝は、その鍋にeijiさんに貰った水菜を大1株入れて、
卵を3個割り入れた。

それとセブンイレブンのホットドック
(アルミホイルにくるんでトースターで焼く)。
ばれなかったようだ。

水菜は強烈に柔らかく美味しかった。
朝から3人で大1株を完食。

食べごろまで待ったバナナと、セブンイレブンで買った有田ミカン。

今日も朝ごはん、無事終了。

2013/11/26

「紀州幕末川合小梅のワンダフルワールド」出版記念パーティ・・・でのひとこま。


のりまくっていまぁッ!わたいら二人。

パーティ二部

「アモーレ猪熊と誰がカバやねんロックンロールショー!」


左端に半分見えるのは阿部さんが仮装している姿。

徳姉、この日2枚目のチマチョゴリ。
ちなみに受付時はパンダの着ぐるみ。

ゆうえいは、この洋服で4回目のお着替え。
随分早くに、スカーレットオハラの仮装をネットで買ったのに届かなかった。
阿部さんはお披露目の場を設けてくれるらしい。

2013/11/24

「紀州幕末川合小梅のワンダフルワールド」出版記念パーティ。白浜にて。



コガノイベイホテル パティオにて
素晴らしいブーゲンビリア

 「紀州幕末川合小梅のワンダフルワールド」の出版記念パーティが、
白浜のコガノイベイホテルでありました。

著者は敬愛する阿部健様。
写真後方真ん中

ゆうえいは司会を仰せつかっていました。

ミーティングが重なり厳しい注文が重なると
「プロじゃない。」とか心の中で叫んでいました。

ホテルの人との打ち合わせのため、
前日の金曜日から白浜入り。

前日のミーティングが終わったのが夜中の12時過ぎ。
当日ギリギリまでのミーティング。

びっしりと詰まったプログラムにはホテルの人たちも驚いていました。

間際に阿部さんから

「とちろうが、間違えようが、オオミステークしようが、
これだけ準備したから大したことはない。むしろご愛嬌!ということで笑っていればいい。これだけ準備したから必ず皆さん喜んでくれます。
皆さんこんなパーテイを経験したこと殆んどないはず。
だからびっくりするでしょうね。どれだけびっくりされるか、それが楽しみ。」

というようなメールをいただき、それを読んで気持ちが随分楽になりました。

それでも、おおいに緊張しました。
その分大きな経験をさせていただきました。

この写真は、次の日の朝。
阿部さんと世話役3人。

みんなくたくたですが、
清々しい。

でも次の日も(今日)川合小梅のゆかりの地を巡るツアーをしました。

写真を撮る余裕なし。

しばらくしたら送ってきてくれます。

その時又ブログに上げたいと思います。

お疲れ様でした。

2013/11/22

えもにゃんから届いたカレンダー。「おしゃべりな野菜たちと野の草花カレンダー」


早いものでもう一年が経ちましたか。

えもにゃんが毎年おくってくれるカレンダー。

ゆうえい、これ好き。


今年も綺麗に出来ました。

大変な目をして色校に行った甲斐があるというものですね。



これも好き。
偉そうで、おどけていて、ひょうきんで。


これもめちゃ良い。


ミモザ。
可憐ですね。

そうやねん。

どの月もみな良い。

嫌なのは裏表紙。

おそるおそるひっくりかえしたら

さすが!
ちょっと笑った。


ありがとう。
色紙で隠してくれていた。

この下には、嫌な奴が潜んでいる。

慣れろと言われても慣れません。

2013/11/21

へへへ・・・。せこ蟹ちゃんが届いた―!!!


届いた時はピチピチ。

昨日、大山から届きました。
ちょうど出勤前だったので大急ぎで甲羅を洗い、
沸騰した塩水で15分。

黒いほくろが甲羅にいっぱい。
美味しい証拠。

大急ぎで帰宅。

言葉も交わさず全てたいらげました。

2013/11/19

里の両親と有馬へ。紅葉はもう少し。


里の両親と有馬へ行ってきました。

お天気にも恵まれ久しぶりの有馬で温泉と美味しい食事を満喫。


最近ひげをのばしはじめた父。
良く似合っていました。


有馬の温泉街


中庭


ゆうえいがギャラリーを始めた頃は、
器の写真は全部父が撮ってくれました。
最初のホームページも父が作ってくれました。


家人とゆうえい


次はどこへ行きますか。

2013/11/17

伊藤祐之展へ。


恒例の秋の法隆寺画廊での展覧会。

午後5時までというのに、5時10分くらいに会場へ。
仕事がなかなか終わらなくて、
もうあきらめようかと思ったけれど、
いや、見逃してなるものか。

夕暮れ時の法隆寺。
画廊の玄関の錦木の紅葉。
小さい葉っぱが濃い赤に染まって美しい。

やはり来てよかった。

いつもに比べて小品が多い。


朝方韓国から帰ったという伊藤さんは疲れも見せず、
おやじギャグをまき散らす。


閉館時間が過ぎているので急いで帰ろうとすると、

「もっと見てくれ。」と指さされたのが、

「なんと」


土のオブジェ。

横目でちらっと見て、心の中で
「他の人のは、なおしておいてあげてよ。」と思っていたら、
伊藤さんの作品だった。



初めてらしいけれど、怖いもの知らずの豪快さ。

知り合いの作家の穴窯に入れて貰ったそうだ。

「どうですか。正直に。」と聞かれたので、

「火の力に作陶の力が負けている。」となまいきを言った。

楽しかったそうだ。
その感じは伝わった。

画廊を後にした時は陽はどっぷりと落ちていた。
しかし、法隆寺界隈は輪郭だけくっきり。

綺麗だった。

2013/11/15

最近、お気に入りのネイルサロン。シュガーネイル。


ネイルの後の三宮の空にくっきりと虹


お隣のネイルサロンが休憩することになって、
えらいことやと、探したネイルサロン

最近、三宮にお引っ越し。

オーナーでネイリストの女性が素敵。

素朴で美しくて、つけマツゲしていなくて
エプロンの上から、少々ヨレッとしたパーカーを羽織って
一生懸命やってくれる。

手早いし、上手です。

それに

「けなげ」

ムッチーのお嫁さんになって欲しい。

家人とゆうえいはかなり真剣。
でも絶対ムッチーは嫌がるやろな。
こういうの。
彼女だってそうだろうし。
今のところ、どちらにもお相手は存在しないようだ。
きっと、多分、お互いに安らげる存在になれそう。

どうやって薦めたら良いですか。

SAKIKO、今度一緒に行ってくれる?


続ウルちゃん家のホームパーティ・・・。


ウルちゃんと、ご一緒だった方から写真をいただきました。

33階の部屋のどこからも海が見える。
窓は広くてほとんど壁かないから、
海から山への景色がつながって見える。

みなさんの笑顔。
長い時を二人で過ごされて、
色々な出来事を共有され

そしてのお顔。

若輩者のゆうえいが偉そうですね。
シッツレイシヤシタ!



初めてお会いしたとは思えないほど
すぐに親しくさせていただきました。


向かって左側にいらっしゃるのがウルちゃんのダーリン。

踊ったり歌ったり。

ありがとうございました。

2013/11/14

ウルちゃん家は33階。夕日からトワイライト・・・。素敵です。


ウルちゃん家のホームパーティにおよばれしました。

ウルちゃんが親しくしている仲間に入れて貰って
とっても楽しかったです。

美味しいお料理と何種類ものお酒。

33階からの景色はどの部屋からも素晴らしい。


海が見える家って良いなあ。


2013/11/11

「しばはり」・・・。今年もいただきました。


本名は網茸というそうで、地方によって呼び名が違う。

ゆうえいが住むあたりでは
「しばはり」

以前は知り合いが採ってきて、
籠にいっぱい下さったものだけれど、
最近では長年続く一軒の八百屋さんでしか買えない。

「しばはり、しばはり」と呟きながら八百屋へ行ってみると
あった。

毎年高くなるので1パックだけ。

生は写真のような黄土色。
ゆがくと汚い紫色になる。

昨夜は酢の物にして食した。

茹でるとちょっとになり、豆皿に少しづつ。

それでも必ず食べたい。

2013/11/09

ポーランドでご一緒だった方からSDカードが届きました、さすが!


新潟県のお寺の住職さんのN島さん。

この方から、ボーランドの写真がSDカードで送られてきました。
旅行の後、数枚現像して送ってくださったのですが、
あまりに綺麗に撮られているので所望していました。

写真がご趣味で立派な一眼に凄いレンズ。
流石です。


子どもを撮るのが好きとおっしゃっていました。


なんて可愛いの。


鬼軍曹。添乗員の伊藤さん。


本当にきれいな写真。


この間来てくれた弘子さん。
ここは、クラコフのレストランですね。


夜の街を散策した時。
だいすけ君。


凄く高いところにあったステンドグラス。
本当に素敵。


もうすぐ鳴るところ


最後の街です。


弘子さんと。


凄いです。

写真も凄くお上手だし、とても優しくしていただきました。

おまけに、ご自分のお寺にいらっしゃる観音様の
写真も添えてくださいました。




ありがとうございました。

嬉しくて嬉しくて無断であげました。

楽天にやられた・・・かも。


楽天が優勝する随分前から注文していたみかん。

特大サイズやSSサイズや汚れや歪み、全く問題なし。



2箱買ったら1箱サービスという、うたい文句にのってしまった。
1箱にまとめるかもしれませんが了承して下さいとあった。

届いたのがこれ1箱(20×35×20)。

3箱分。

2013/11/07

昨日の事ですが・・・。


画家で美大の講師もされている中島一平さんと
不二画廊の村上さん。
御堂筋本町のロックカフェで。

11月5日から法隆寺画廊で個展をされている
アーティストの伊藤祐之さんがご来廊。

しばらく話していたら、昨年、2度目の脳の手術をされたM田さんがいらっしゃった。
伊藤さんは不二画廊に行かれるという事で帰られた。
ゆうえいも仕事帰りに行くことに。

M田さん、随分久しぶり。
顔色も良いし、少しなら杖なしでも歩けるとの事。
奥様を亡くされていて一人で暮らしている。

最近は、洗濯ものを干すのも楽しい、
お料理をするのも楽しい、と話された。
ああ良かった。

部屋に飾ってある奥様の写真が笑ったり泣いたりするそうだ。
M田さんの精神状態で表情が変わり、奥様が投げかけてくる言葉もわかるって。
いっぱい思い出があるからそういう会話が出来るんでしょうね。

笑顔もいっぱい見せてくれた。

ずっと同じ場所にいると、こういう嬉しい事がある。

又来てください。バカ話しましょうね。

時をおかず、eijiさんが来てくれた。
素敵なおみやげを持って。
凄く綺麗な掌にすっと収まる美術品。
ありがとうばかり。

外は雨模様。
お見送りをしてから不二画廊へ。

キムハギルさんの展覧会を観る。

不二画廊の村上さんは所要で出られ、
伊藤さんとゆうえいは、ロックカフェで村上さんを待っていた。

村上さんは、写真の中村一平さんと、
画家の立嶋滋樹さんを同行された。

びっくりしたけれど、大音響の中楽しい一時を持つ。

忙しい毎日を送っているけれど、昨日のような一日は
ゆうえいは、やはりほっとする。

伊藤さんの展覧会には、最終日の11月の16日の土曜日に行きます。
今日から伊藤さんは韓国。16日の朝に戻られます。

法隆寺画廊良いですよ。

行ってみようと思われる方、どなたさまもご一緒いたしましょう。

Kim Hak-il (金学一キムハギル)展 2013.10.28-11.9  不二画廊

 
不二画廊さんで開催中。

パルプと墨