2012/10/31

「光藤佐陶展」・・・。絵唐津と粉引。

 
実のところ絵唐津は好きではなかった。
 
しかし、今回の光藤氏の窯から出てきた絵唐津は
なんともいえない力強さと優しさがある。
 
写真は、5寸の皿。
これは、どうしても5枚組で買ってほしいとの事。
5枚全部で一つの作品との事。
 
奇跡のようなそれぞれの違い。
強い筆のタッチ。
 
垂涎。
 
 
 
粉引の皿。
 
ぽってりとして暖かい。
 
窯で焼かれた器は本当に奥深い。
 
それは、成形の巧みさから来る。
 
窯で焼いたからと言って良い訳ではない。

2012/10/30

「光藤佐陶展」・・・。作品を少し。

 
梅瓶(めいぴん)
 
計算されたようなこげが。
 
ここに酒を入れてみんなで飲みたい。
 
 
 
茶碗
 
引出黒と志野
 
引出黒は、窯に火を入れてから4日目の夜、
やっとこで真っ赤に焼けた碗をつかんで窯から出し、
バケツの水につけ急速で冷やす。
 
志野は、窯の中でゆっくりと徐冷。
 
同じ窯の黒と白。
 
 
 
 
総刷毛目の注器。
酒を入れたり、ひじきを盛ったり。

2012/10/28

「光藤佐陶展」・・・。初日。

 
「光藤佐陶展」
 
オープニングの記念撮影。
 
 
作家自信満々の作品が並びました。
 
どれも皆素晴らしい作品です。
 
光藤氏の大学のラグビーのお仲間達。
その頃の光藤氏の話に花が咲きました。
 
酒燗器展の時に、光藤氏の作品を買ってくださり、
遠く沼津から、可愛い奥様を同伴してきてくださったお医者様。
 
ギャラリーを続けていて本当に良かった。
 
 
唐津片口
 
 
手ひねりの花器
絵唐津の鉢
 
 
お得意の水滴
 
 
 
 
乾杯
 
 
たこ焼き やりました。
 
ゆうえいは一回焼いただけで、
後は眞澄ちゃんが焼いてくれました。
 
 
ハロウィン(ボン・ボヤージュのナオミちゃん。)のご一行。
 
 
たこ焼き 大成功。
 
 
 

2012/10/26

「光藤佐陶展」・・・。明日からです。

 
粉引大壷
良い焼きの壷。
 
 
 
絵唐津
 
 
 
今回の自信作との事。
手捻りの花器。
 
皆様のご来廊をお待ちいたしております。
 

2012/10/23

「光藤佐陶展」・・・。27日土曜日からです。

 
どんぶりのようにみえますが、杯です。
径7センチほどの。
 
光藤佐が穴窯を作って一年。
 
10回目の窯の分が今度の展覧会の作品。
 
先日、
「満足のいく良い焼き!」という
自信満々の連絡が入りました。
 
DMの写真は先日工房に行った時に撮ったものです。
 
この撮影がけっさくで、今も思い出しては一人で笑っています。
 
杯を置いているのは、窯の薪になる廃木。
この状態からチェーンソーで切り、後は
割って使うそうです。
 
光藤氏の
「どうしてもここで撮りたい。」という要望でした。
 
木はいがんでいるし、
三脚を置けるところはなかなかないし、
悪戦苦闘でございました。
 
タイマーを使い撮ります。
手振れがなくなりますから。
 
焦点を合わせ、タイマーをセットしている時、
ふと、横を見たら、
光藤氏が三脚を手で持っているのです。
 
廃木は、地面からかなり高いところまで積まれていて、
三脚が地面につかないので持ってくれたようなんですが、
「意味ないやん!タイマーの。」と、ゆうえいに
どなられ、言われ、三脚を置く平らな台を探してくれました。
 
ゆうえいは、積んである廃木の途中のところで
必死で踏ん張って撮りました。
 
 
 
こんな山の中の工房から器が届きます。
 
DM届きましたでしょうか?
 
届いていない方、大変失礼しました。
どうぞ、皆様いらしてくださいませ。
 
初日、いつものようにパーティします。
「たこやき」します。してくれます。
 
どうぞどなた様もいらしてくださいませ。
 
お待ちいたしております。

2012/10/21

「まほろば講談会&ワークショップ」講談を聞きに田原本へ・・・。秋の奈良。

 
秋の日の一日、
関西の伝統芸能を調べているゆうえいは、
奈良田原本へ講談を聞きに行った。
 
「まほろば講談会&ワークショップ」
 
旭堂 南左衛門  「寛永三馬術・梅花の誉れ」
黄昏亭  さくら  「新説・桃太郎」
 
 
 里の両親、妹も一緒に出かけていった。
 
まずは、ランチ。
お豆腐の店「豆仙房」
 
古い民家を上手に活かしている良い店。
 
「寝てしまったらどうしょう?」とか言いながら、
もちろん、ビールと日本酒。
 
 
 元気なので嬉しい。
 
「ごちそうさま。」
 
ゆっくりランチをして、会場へ。
 
勿論睡魔が襲った。
 
講談というものをまともに聞いたのは初めて。
室町時代に始まったという伝統芸能である。
 
ゆっくりと午睡をして、
チャウチャウ。
 
ゆっくりと楽しませていただいて、
 
ゆうえいが帰るのに便利な駅へ送っていってもらう。
 
「止めてくれぇー!」
 
車窓から目に飛び込んだ物体。
 
 
上の部分だけが見えた。
 
妹は、近くまで行ってとめてくれた。
 
 
 
 
夕陽が素晴らしい時間でした。
 
そして、あたりにはコスモスが。
 
どないですか。
 
 
 
 
むこうには、うっすらと二上山。
 
 
あああ、良い秋の一日でした。

2012/10/20

ビートたけし「たかをくくろうか」

 
見られた方もたくさんいらっしゃるでしょうね。
 
良いですなぁ。
 
谷川俊太郎 作詞
坂本  龍一 作曲
 
ブルースですなぁ。
 

2012/10/18

隠岐大根。

隠岐西ノ島へ、芸術祭に参加していた
田中智子さんの作品を見に行ってから、今日でちょうど1か月。
 
帰る日に、eijiさんが、おみやげに、
隠岐大根の種を買われました。
 
そのまびき菜を届けてくださいました。
 
びっくり。
成長が早いですね。
 
柔らかそう。
 
今晩さっそく、お揚げさんと炊きます。
 
このようなお土産って良いですね。

2012/10/17

コスモスが大好き。

 
家人が、所用ででかけたという氷上のコスモスを
写メールしてきてくれた。
 
コスモス大好き。
風で揺れるから。

2012/10/14

「あまりあるもの」・・・。もう一度福島のこと。

 
福島から帰ってまだ一週間にもならない。
 
 向かって左から私達を案内してくれた
竹内容堂さんのお母さん、おけいさん。
 
その隣は容堂さんの事務所のスタッフの女性。
 
その隣は相棒。
 
そして容堂さん。
 
後方右手に写っている家は、
震災後に神奈川から移住したおけいさんの家。
 
このあたりは、放射線量が高い。
 
「どうして?」って尋ねると
 
「あまりあるものがあります。」と。

2012/10/13

北イタリア料理の店ディアモ クッチーナ'ndiamo cucina

 
久しぶりに家人とお出かけ。
西宮のディアモ クッチーナ'ndiamo cucina でランチ。
 
日差しは強いけれど爽やかな秋の一日。
 
とても感じの良い、空気の綺麗なお店。
 
 
最初にパスタの色々。
 
 
 
 
 
 
どれも美味しかった。

2012/10/09

福島。

 
晴天
 
 
 
案内してくれた容堂さん。
 
 
 
相馬太田神社
 
 
 

2012/10/05

ご近所の焼肉屋「花」さんへ。

 
23年前に一度行ったきりご無沙汰していた
焼肉屋「花」
 
 
2階なのでこの螺旋階段を上がったら、
鍵のかかったドアがあった。
びっくり!
間違えた。
 
奥の階段から上がると、
設備の整った綺麗なお店。
 
ランチには十分すぎるほどの量。
それに美味しかった。
 
お肉も。
野菜も。
ご飯も。
ビールも。
 
北海道から帰阪しているトラさんと一緒に。
 
昼間っから焼肉ランチで二人ともおっさん気分。
 
 
「安い!」
 

2012/10/02

久しぶりのコース。昔バブリーな建物は色褪せて、でも紅葉が始まったあちらこちら・・・美しかった。

 
「なんて綺麗なん?」
 
100回以上は言いました。
 

 
 
 
 
 
今日は、ツーサム。
 
 
結果はご想像。
 
久しぶりに、カートを運転しました。
 
アクセルとブレーキとハンドルだけの簡単なカートだけれど、
なにしろ細くて上り坂、下り坂、90度以下のカーブ。
 
楽しかったわあ。
 
それから、自宅近くにある天然温泉の露天風呂から、
ほぼ満月をトロオって眺め、
風呂上りに、マミーを飲んで帰りました。

2012/10/01

光藤佐さんの工房へ。展覧会の打ち合わせです。


 
台風一過と言わないまでも、昨日の大嵐は去り、
時々雲の切れ目から青空が見えました。
 
10月27日から、光藤佐さんの展覧会。
 
親しくしている安心感から打ち合わせをしていない事に
急に不安になり、工房へ伺いました。
 
 
10回目の穴窯の窯詰め。
 
窯詰め、ゆうえいは一番興味があります。
 
大変大切な作業中でした。
 
写真撮らせてもらっちゃいました。
 
この釉薬がかかった器が、ゆうえいにやってきます。
 
すごく楽しみです。
 
 
どうですか、この余裕綽々たる顔。
 
 
庭のあちらこちらに曼珠沙華
もっと真っ赤。