2012/05/31

リエちゃんから「あくまき」が・・・eijiさんから・・・野菜と中国が届きました。


大好物の「あくまき」が届きました。

こちらのを頂くと、もう他のは食べられない。
本当にそう思います。

お父さまが鹿児島のご出身なので、
本当に美味しいあくまきをご存じだからだろう。


竹の皮に巻かれて。


よく似合う。



良い感じ。


eijiさんが今日の朝、
収穫された野菜を持ってきてくださいました。


我が家では、何も言わなくても
「eijiさんキュウリでしょう。」と家族が言います。

可愛いズッキーニと、たくさんの立派なそら豆。
そら豆はうぶげでおおわれています。


新玉ねぎと新じゃが。

皮のままで油で揚げることにします。


それから、先日、中国を旅されてきた時の写真を
見せていただきました。

上手に撮られていて随分楽しませていただきました。

1,2枚ご紹介。





おことわりをして、
「ダメ。」と、言われたらいらんかったので、無断です。

平にご容赦を。

2012/05/30

ー記憶ー 大沼道行、壷田和宏 「二人陶展」・・・まだまだ片付きません。ふぅー。


裏を見せてはいけないのですが。

最終日の翌日、妹にSOS。

妹夫婦と、石様が(少しばかり)
ここまで丁寧に梱包をしてくれたのに、ここからが出来ません。

又SOSをするように何度も言ってくれたのですが、
次に妹の手を借りるには、
ゆうえいが少し整理をしないといけません。

展覧会が終わったらいつもこのていたらく。

作家さんに早く返却しないといけないというのに。

ああ情けない。

こういう事をしようと思うと、腕がづきづき痛むのです。
なんでやろ。

そんなわけで、ギャラリー佑英の平常に戻るには後1週間。

そうそう、妹たちが来てくれた日、
ランチに近くの中華へ。


担担麺がメインですが、これは、日替わり定食。

野菜がたっぷりで、熱々の美味しい中華にビールが進みました。

2012/05/28

一日デッサンの日のランチ・・・。大乃野さんのてんぷら。


天麩羅コーナーの玄関の左手にある「鹿威し」。

大乃野さんのてんぷらコーナー。
と、いっても玄関は別になっている。

てんぶらコーナーで、大乃野さん全部クリア。


「天丼」

目の前で揚げてくれる。

大根おろしをのせ、たれをかけながら頂く。

美味しかった。

ロイヤルコペンハーゲンの器が上手に使われている。


ロイヤルコペンハーゲン製シーラカンス。

玄関にある。



完成まで後100歩。

頂き物オンパレードの朝ごはん。たてりご飯・・・。ほっこりしました。


最近、非常に早起きである。

朝ごはんはしっかり頂く。

たてりご飯

たてり


おぼろ豆腐

昨日、豆腐が送られてきた。

大きな絹ごし豆腐 3丁

大きなおぼろ豆腐 3丁

1パックで3人分、十分。

それにゴマ豆腐 3丁

厚揚げとしか思えない揚げ

しっかり厚揚げ たっぷり

賞味期限5月30日


えんどう豆の卵とじは、
先日、里の母が妹に預けてくれたもの。

立派。
ほっくり。

お味噌汁は、

茄子と、揚げと、たっぷりの三つ葉。

2012/05/27

休みの日。シーツを換えたり、料理をしたり、これはこれで楽しかった。


「たてり」

茗荷の芽。

和田山の光藤さんから、
大量の蕗、木の芽、三つ葉と共に届きました。

たてりは、明日、たてりご飯にします。


多分、瀬戸の。

10年位前に岡山の骨董屋で。

こんなんたまりません。


3人揃って、美味しく、たっぷり頂きました。

明日は久しぶりにデッサン。
一日デッサンです。

昨夜、鉛筆ピンピンにしました。

何を描くんやろ。
綺麗なものだったら良いけれど。

ぶさいくなモチーフやったらいややな。

2012/05/25

ー記憶ー 大沼道行、壷田和宏 「二人陶展」・・・終わりました。


このお皿は、くまひこさんの引っ越し祝いにと、
陶芸仲間の薫さん、美加子さんが買ってくださいました。
こんな風にしてくださったこと、
凄く嬉しかったです。

ゆうえい、感激!


お料理を持った写真が、くまひこさんから届きました。


美味しそう。
ありがとうございました。

プレゼントと言って下の写真も一緒に届きました。




最終日もにぎわいました。
書家の上田普さんもいらしてくださいました。
書にまつわる話、良い話を聞きました。
これに関しては又後日。

大沼道行さん、壷田和宏さん
ありがとうございました。

大沼さんの奥さまの由樹さんが、電話をくださり、
「オープニングのセルフタイマーの写真の中にいたかった。」と
言ってくれました。

嬉しかったよ。

皆様、本当に、本当にありがとうございました。

2012/05/24

ー記憶ー 大沼道行、壷田和宏 「二人陶展」・・・明日が最終日です。


一週間は早いですね。

明日はもう最終日です。

今日も又いろんな方々が来廊くださいました。



尺皿

目跡が美しい。


大沼さんの定番のメリーシリーズ。

でもこのメリーという言い方は、
本の編集者が勝手につけられたようで

「わしは断じてこんな呼び名はつけない。」と大沼さん。

水玉の付け方に規則があるのが本日わかりました。

「かむなび」さんが発見。



これでコーヒーをたてたら、
さぞかし美味しいコーヒーが入るでしょう。

なんとも愉快な形をしています。


明日が最終日、
皆様のおこしをお待ち申し上げます。

ー記憶ー 大沼道行、壷田和宏 「二人陶展」・・・使ってくださった方から写真が。ありがとうございます。


昨日買って帰ってくださったばかりの
大沼さんの器を使ってくださいました。

白政さんです。

野菜は、eijiさん作。

無事、長の旅から戻られ、
ギャラリーにきてくださっていました。作品を持って。

ちょうど一緒になった白政さんにお裾分け。



右は、壷田さんの焼酎カップ。

「惚れた。」と。


包装の様子まで写真に。

いつぞやブログで紹介した
友達の娘のゆうこちゃんからいただいたもの。
習字のお稽古でできた反古。

白政さんは、明日から東北だそうです。

帰られたら、たっぷりとお話を聞かせていただきましょう。

嬉しい写真を本当にありがとう!

2012/05/22

ー記憶ー 大沼道行、壷田和宏 「二人陶展」・・・このブログを読まれませんように。


高坏 壷田和宏

売れ残ったら、ゆうえいが買います。
お正月に鏡餅を飾ります。



ドット鉢 大沼道行

この展覧会に来てくださったゆうえいくらいの年代の熟女の皆様。
冗談抜きで100パーセントこの鉢をセットで購入くださいました。

「よく売れている。」なんて言葉は、
絶対口にしてはならない。
「人と同じものなんか良くてもいらん。」と、
そうおっしゃる方が圧倒的に多いので。

お一人は
「年取ったら、可愛いのが欲しいのよ。」と、
そうおっしゃいましたが。
口が裂けても
「そうです。」とは言えない。

でも、例に漏れずゆうえいも欲しいです。



焼酎カップ 壷田和宏
どうですか。
この表情。


飯碗達 壷田和宏


八角皿 大沼道行

大きめの取り皿にしたらかっこ良い。

2012/05/21

ー記憶ー 大沼道行、壷田和宏 「二人陶展」・・・今日も又少し。


ピッチャー 大沼道行 高さ15㎝くらい。

大沼さんの器は、どれもノスタルジックな感じがします。

今日は12時のオープンと共に、
りっちゃん親子が来廊。

すみれちゃん

れんげちゃん

双子ちゃんですがこのサイズの違い。
あんよを見てやってください。

泣いたり、笑ったり、はいはいしたり、
タッチしたり。

可愛かった。

お姉ちゃんのさらさちゃんが、
幼稚園に行っている間にバスで来ました。

りっちゃん、どんだけたくましくなったの。



織部 楕円 大小 大沼道行

大きい方はカレーライスを入れるとちょうど良い皿。
重宝しそうです。



マグカップ 壷田和宏

昨日、家人が来て、自分のだけマグを買って帰りました。

大変気に入ったようで、
昨夜から使っています。

家人は、朝晩、牛乳にローリエの葉を一枚割りいれ、
チンして飲んでいます。

どんだけ健康的か。

横目で見ていましたが悔しくなって
ゆうえいも今日一つ買って帰ります。

2012/05/20

ー記憶ー 大沼道行、壷田和宏 「二人陶展」・・・作品の一部ですが。


扁壷 壷田和宏

仰々しくない。

美味しい酒を入れてどこかへ出かけ、
森の中の木陰で本を読んだり、うたた寝したい。

「李白か!」

値段の事は言いたくありませんが、
6,000円です。



織部 大沼道行
径24㎝
5,250円。

どんだけ料理映えするか。実証済でございます。

 

大沼さんのドット柄










明日も営業しています。

皆様のご来廊をお待ちいたしております。

2012/05/19

ー記憶ー 大沼道行、壷田和宏 「二人陶展」・・・始まりました。


「記憶」  壷田和弘

本日から、二人陶展が始まりました。


大沼さんと壷田さんの器。

土の臭いがしてくるような壷田さんの器。

濃い織部が素適な大沼さんの器。

どちらもそれぞれの個性が出て、
おもしろい展覧会になりました。


「記憶」  壷田和弘




薄桃色の大根の酢漬け

お料理映えのする大沼さんの器。


水菜のナムル

色んな差し入れ


パーティの途中で
高千穂の壷田さんからファックスが。

今回は、お二人とも来られなくて本当に残念だったので
嬉しかったです。

すぐ電話をして、みんなで一緒に
「おめでとう!」を叫びました。

大沼さんも電話を下さっていたのに、
何しろ大騒ぎで聞こえなかった。



何て初々しいの。

節子さんとこのスタッフのユカコちゃん











いつもナイスなショットをありがとう!
ますみちゃん。




I 生山さん。おかしい。
セルフタイマー記念撮影の楽しいこと楽しいこと。


節子さん。こちらも割り箸に隠れてる。

次回より、しっかりと作品の紹介をしたいと思います。
すんません。