2012/12/31

毎年恒例の京都へ。

 
京都 錦市場。
 
29日、30日と京都へ。
 
伏見に行く予定が、29日に急遽発生した仕事をしに大阪へ。
 
京都には4時頃着。
別にたいして何の用もない。
午後7時の食事の時間までにホテルに入れば良い。
 
仕事納めの28日には、久しぶりに
ウルちゃんと晩御飯。
 
阪神地下、ビアレストラン。
大阪の、おっちゃん、おばちゃん御用達。
 
久しぶりに二人でようしゃべりました。
でも、別れてから、
あれを言うのを忘れた、という事がいくつも。
 
 
さて、京都は雑踏市場 錦。
 
家人が必ず買いたい
「ぎぼし」の酢昆布。
 
 
ここは、何年も前に徳姉さんに教えてもらった。
 
高級な昆布屋さん。
何故か、
「吹き寄せ」が有名。
 
酢昆布をゲットした後は、
何を買うわけでもなく行ったり来たり。
 
白味噌を6椀分量ってもらう。
 
午後7時ギリギリ、ブライトン到着。
 
 
毎年2回連れてきて貰う。
 
このホテルは、親切だけれど、決してベタベタしない。
いつも、初めてのお客だし、
でも、どこかで見てくれているような。
 
質素で質が良い。
 
ディナーは、初めてテラスで。
モーニングでは何度も来ているがディナーは初めて。
 
 
ピンボケごめん。
 
 
リラックス。
 
 
国際 食のオリンピックで優勝したメイン料理。
 
 
このデザートもそう。
 
 
これは、ゆうえいが選んだデザート。
 
 
オードブルは取り放題。
 
 
メインいらないくらい。
 
 
 
大急ぎでお風呂に入りお決まりのマッサージ。
 
いつ終わったかほとんど覚えていない。
 
 
 
朝食は「蛍」
 
 
ここのおかゆ、大好き。
 
朝食を済ませて、
家人がコーヒーを飲んでいる間、ゆうえいは、
これもお決まりのホテル内のブティックへ。
 
今回、すごく嬉しい場面に出会った。
 
 
ロビーで正月飾りが始まっていた。
 
30日に正月飾りをするという習慣は、ゆうえいの家と一緒。
みんな、そうですね。
 
 
池の坊さんに毎年お願いしている、との事。
 
かっこいい若者の集団。
 
 
最後まで見ていられなかったけれど、
こんなん大好きなので、しばらくみていた。
 
その間、家人は、部屋に戻り、荷物を持って、
忘れ物ないかのチェックもしてくれて、
チェックアウトも済ましてくれた。
 
外は大雨。
 
でも、コートもいらない暖かい冬。
 
その日の夜は、恒例のホームパーティ。
 
最初は、家人の親友達。
そのうち、連れ合いが出来て、
今では、家族ぐるみの仲良しが、我が家に集合。
 
酒好きの友達が、剣菱の古酒を抱えてくる。
 
ほぼ一升空いた。
 
黄金色の美酒。
 
さて、今日は大晦日。
 
家人は、体重の大幅な上昇に驚き、
「えらいこっちゃ。」と、打ちっぱなしにでかけて行った。
 
ゆうえいもいい加減に海老芋煮ます。
長男の好物です。 

2012/12/28

仕事納めです。

今年は、

◇ ー記憶ー 大沼道行、壷田和宏 「二人陶展」

◇ 「a dim memory」展
  熊淵未紗・原田千恵子・藤本麻野子

◇ 光藤佐陶展

三回の展覧会をいたしました。

どの展覧会もそれぞれの特色が出て良かったと思っています。

それぞれの作家がほかの場所で活躍しているのがとても嬉しい。

ブログを読み返しながら、忘れていたこともあり、又感動がよみがえります。

足を運んでくださいました皆様、ありがとうございました。

購入してくださいました方々、使って下さっていますか。
使い勝手はいかがですか。

欠けたら、いつでも持ってきてください。
金繕いいたします。

今年の冬は寒いですね。
本当にこたえます。
そう言いながら今年はストーブを出していません。
火怖い。

さて、迎える新しい年。
ギャラリー佑英はどう展開していくことができるでしょうか。

「Brocante 141」も再開しようと思いながら、とうとう今年はできませんでした。
来年は、何かの形で再開したいと思っています。
色々なアイデアが届いています。
もう少しお待ちください。

明日からしばらく休みに入りますが、予定がぎっしり。
勿論楽しみな事ばかりです。
休みが明けたら又ギャラリーに来ます。
それが一番楽しみな事・・・。かも。

明日明後日は恒例の京都です。
あまりお天気が悪くなければ、伏見を散策するつもり。
酒蔵がいっぱい。
お酒いっぱい仕込んできます。

新年は8日(火)から営業いたします。

2012/12/27

押し迫ってきました。

 
今、炊き上がり。
 
根菜、キノコ、豚、鶏の汁物。
 
冷蔵庫にあるものや、
根菜入れのダンボールの中にあったものを、
昆布、かつお、いりこをたっぷり入れて出しを取り、
たっぷり日本酒を入れて醤油と塩で仕上げた。
 
仕上げたなんてものではないけれど、今、味見をしたら、
 
「ドンダケ~!」
 
「おいしーい。」
 
あんまり美味しいからびっくりした。
 
これで夜ご飯は、何か一品。
肉にするか、魚にするか。
 
青い野菜も食べささないと。
 
使命感に燃えて料理をする。
 
健康。
 
ゴミだし。
 
押し迫ってきたと言え、今日が明日に続くだけなのに。
 
ゴミ出さないと、と思ってしまう。
 
暦ってよく出来ている。

2012/12/24

イブの晩御飯もいつもと同じ家庭料理です。

 
塩麹で下味、と言っても、醤油も酒も、にんにく、
土しょうがも入った唐揚げ。
ジューシィー。
 
新じゃがの皮のままのフライドポテト。
ホコホコのフライドポテト。
 
ブロッコリーをくたくたに煮てつぶしてあえたパスタ。
アンチョビがなかったのでちょっと物足りない。
 
大根とホタテの貝柱のサラダ。
さっぱり。太い大根一本平らげ゛ました。
 
大得意のポテトサラダ。
家族達は、
「売れる。」と言ってくれる。
 
ビールと、ボルドーの赤ワイン。
 
食べすぎてしんどい。
 
飲みすぎて洗い物がいやになる。
 

2012/12/23

バブルの頃に計画されたゴルフ場。なかなか良かった。

 
寒いのを覚悟の上、久しぶりにグリーンへ。
 
バブルの頃に計画された、と聞いていたので、
たいして期待していなかったけれど、
キャディー初め、スタッフみんな感じよかった。
 
自分達のゴルフ場を守りたいというような感じがした。
根底にプライドがあることがわかる。
さらっとした感じ、でもとても丁寧。
 
 
 
あいにくの天気だったが時々陽が射す。
 
 
 
 
レストランにはソムリエがついている。
 
パテェシエもいる。
 
午後からはあまりにも寒くなったのでゆうえいはパス。
 
お風呂で「ゆたあっ」として、
レストランでケーキとコーヒー。
 
さすがのケーキの味。
 
家人が帰ってきた頃は、
夕陽が。
 
 
 

2012/12/22

天井をはずすと、こんなんがでてきました。大好き。

 
少しでも高くしたいというテナントさんの要望で、
天井を外すと、凄い木が使われていることがわかりました。
 
昭和34年に建った木造のビル(ビルとは言えない)。
 
材木屋の屋号とか、何年のものとか書かれています。
杉だそう。
 
大工さんも大絶賛。
 
 
材木の大きさも墨で書かれていて。
 
 
電気の配線に使われているのは陶器でできています。
 
 
 
隣の部屋と廊下にわたっている梁。
多分かかえられない大きさです。
 
 
壁もはがして欲しいという事ではがすと中はこんなん。
土やら藁やら。
冬でも暖かいはず。
 
 
一組だけ残っている木の枠の窓。
これはこのまま残します。
宝物ですから。
 
 
どんな部屋になるのかしら。
 
凄く楽しみです。

2012/12/21

今日は久しぶりのデッサン。夜は忘年会。

WITTAMER(ヴィタメール)のケーキ。
ei爺さんからのプレゼント。 
 
 
今日は久しぶりのデッサン。 
しごかれました。
 
美味しかったです。
ちゃう!
楽しかったです。 
 
 
午前中に、ギャラリーにいることは余りないけれど、
デッサンは午前10時30分からなので、 
こんな綺麗な陰と光が見られた。
 
「ワァア!」
 
「ちょっと待って頂戴、消えないで。」
 
鉛筆をカメラにかえる。
 
 
 
気がつくと、午後4時を回っていた。
 
久しぶりの鍋パーティ。
 
 
ごめん。ピンボケ。
いつもナイスショットをありがとう。
 
 
mura上さん。楽しい天然。かなりのもんです。
ei爺さん、ジジギャク炸裂。
 
ei爺さん作の隠岐大根と、里芋も煮ました。
美味しかったです。
 
 
taka月さん。
又、忘れてまっせ。
 
 
yuriさんの力作の本。
素適です。
 
 
珍しいマダムの笑顔。
 
今日はサンタさんのようでした。
ネックレスもサンタさん。
 
ゆうえいは、2ヶ月くらい前から、
鼻の下が黒くなっている。
髭みたいに。
この時は忘れていたのに、
 
mura上さんに
 
「バカボンのパパみたい。」とか、
 
「新聞紙で鼻を拭いたのか。」とか言われた。
 
しかも何度も何度も言われた。
 
それで、その言い方がおもしろいので、
その度にみんなで笑った。
 
全員からも一言づつこの髭に関して言われた。
 
「多分、鼻炎で、毎朝くしゃみを100回はする。
それでかなと思うから、この頃は、鼻をかまないことにした。」
そう、ゆうえいが言うと、
 
「流しっぱなし?」と、誰やったか言った。
 
「そう。」とゆうえい。
 
そしたら、
ei爺が(呼び捨て)、sethukoさんに、
「とゆを作ったって。」と頼んでくれた。
 
そしたら、
「どこへ流すの?」と、誰やったか言った。
 
こんな嬉しいことはない。
いやあー良かった。
何だか役に立ったような気がする。
 
 
 
あっというまに11時。
 
「良いお年をね。でも今年中に来てね。」
「ウン。来る来る。」
 
「それじゃ、良いお年をね。」
 
♪なごりはつきねど♪♪~ 

2012/12/19

嬉しいお知らせと、美味しいお知らせと・・・。他、長ーい付録。

 
 
お二人に
    ベイビー誕生!
 
ぼくちゃんです。
エリちゃんもベイビーも元気との事。
ヤッター!
 
暖かくなったら、
パパの背中にぼくちゃんが背負われて、
ママの膝にヤスケが乗って、
自転車に二人乗りして来てくれることでしょう。
 
「おめでとう!!!」
 
 
 
12月20日木曜日午後6時頃からギャラリー忘年会をします。
どなたでもいらしてください。
 
 
しょうもない付録、しかも長い。ごめんなさい。
 
2.3日前のブログに簡単にソフトを使うな、と書きました。
が、しかし、しっかりと使っております。
 
今、ゆうえいは「毎月11日の会」に参加しております。
毎月11日に勉強会のようなものをしていますが、
10月から、約2時間の講演のテープ起こしを
「させてくれぇー。」
と頼んでさせていただいています。
 
随分前にテープ起こしをした事があったので、
「任せて。」
ということだったのですが、
何しろ客商売をしていると、なかなか時間がとれない。
 
先日、約1時間ほどの分を登録ミスして消してしまった。
どこを探してもない。
 
だいたい10分が1時間かかる。
 
大ショックの100倍。
 
家に帰ってから、随分不機嫌だったらしく、家人に、
「登録ミスで、わしにあたるな。」
と怒られた。
 
次の日、仕方がない、2回目は早いだろうと頑張っているところへ
 
救世主現る。
 
「おばちゃん、テープ起こしのソフトがありまっせ。」
 
「ええええええエーーーーー!!!」
 
感謝感謝の100倍。
 
さっそく、アマゾンで購入。
 
これで、この事は内緒にして、
関西YMSのみんなに褒めてもらおう。
 
アマゾンの特急便でAMIVOICE到着。
すったもんだの挙句、インストール。
 
はじめてみたら、全然違う、文章にもならないものが出てきた。
これは、違うファイルをあけてしまったと、
何度もやったが全然ダメ。
読み取らないのだった。
 
ここまでで2日ロスした。
 
そこでゆうえいは考えた。
このソフトを無駄には出来ない。
洋服や器を買って失敗したことは、
「勉強、勉強」とあきらめられるが、
何故かこのたぐいはあきらめられない。
 
テープを聴きながら自分の声でマイクに向かってしゃべる。
喋った言葉が文章になってワードに入っていく。
 
最初はゆうえいの言葉をなかなか認識してくれなかったソフトが、
だんだん上手に認識してくれだした。
 
この分なら、1時間テープが2時間で出来る。
 
年内に溜まっているテープ起こし
「完了!」
の予定。
 
なかなかおりこうなゆうえいちゃん。
 
こんなこんなでやっぱり楽しい毎日。

2012/12/17

立嶋滋樹さんの個展~百代の景(はくたいのけい)・・・。行って来ました。

 
岡山のエスプリヌーボーさんへ行って来ました。
画廊を移転されて、益々素適な空間になっていました。
 
上の3枚は、だんだん暗くなる同じ景色。
 
 
 
ゆうえいは、小さいほうの暗い絵が一番好きです。
小高い丘から集落を覗き込んでいるような、勝手な想像ですが。
 
 
 
 
キャンパスをしっかりと塗りこんであるのかな。
 
以前の感じと又違う感じがしました。
しっとりとした感じ。
 
どの絵も素晴らしかったです。
 
ゆっくりと拝見させていただき、
オーナーの池田さんの話も
たくさん聞かせていただきました。
 
岡山へ降りると雨。
 
想像していなかった雨でした。
 
 

2012/12/16

隠岐大根。大きくなりました。

 
20センチくらいの大きさです。
葉の部分を除いてです。
 
隠岐大根は隠岐大根の特徴があります。
 
「隠岐大根を爺さんが持参します。」というメール。
不意をつかれました。
 
参りました。
 
 
2ヶ月前
こんなんでした。
 

明日は選挙・・・。カラスがあっちの枝でクアー。こっちでクアー。

 
我が家の玄関のライト。
綺麗でしょう。


我が家の二男ムッチーは、今日(15日)、
30歳の誕生日を迎えた。
1年前には想像もしなかったような生活を送っている。
スーツを着て、月曜日から金曜日出勤する。
 
男の子、しかも、朝潮(相撲取り)と、親しい人達に呼ばれていたのにも関わらず、白の綿のレースをふんだんに使った洋服を着せていた。
靴下は折り返す分で、もちろんレースがついている。
王子様の足は、パチパチムチムチで、どこが足首かもわからないので、この辺?が足首か、というとこいらでレースが埋まっていた。
 
少子化対策!と今度の選挙でも叫ばれている。
 
ずっと前から思っていた。
 
補助金だとか、子どもを育てながら、
子育てが出来る体制の構築。
 
そんなことより!
 
「こどもって可愛いよ。」
 
なんでこの線をもっと強く出してくれないの。
 
話が飛びすぎました。
 
はずかしながら、30にしてムッチーは、明日初選挙に行く。
誰に投票するか必死で考えているが、一番心配なのは、投票所でオロオロしないかどうかのようだ。
 
たくさんの立候補者。
主義主張がどの党もすばらしい。
どの党も素晴らしくて選びにくいので、じゃんけんで決めても同じじゃない。
ごめんない。
ふざけすぎました。
 
自分の思いに近いところにと思うと、社民党か、共産党。
でもあかんやろ。
国が貧しくなるらしい。
それは、まっぴらごめん。
 
震災支援を掲げていた党は、無いに等しい。
国民の関心事も震災支援は下方。
 
ア・リトルで良いからみんな震災の事には関わっていて欲しい。
 
メール投票もできるようにしようという意見があるらしい。
投票しやすいという事らしいが、簡単なことがそれほど良い事か。
 
最近時刻表を本屋でみかけない。
地図もあまりみないようだ。
 
携帯で簡単に見られるようになったからというが、恐ろしい。
将来、どんなことになるのやら。
たいていの事はソフトを入れればできるようになった。
数字を入力するだけで出来る表。
出てきたとんでもない数字を見ても、
「あれ?」と思えることもなくなるだろう。
歴史の浅いこの現状の行く末。
原発のことになんとなく似ている気がする。
 
高校時代、社会科で、時刻表を片手に日本中を旅するという授業があった。
凄く楽しかった。
インクのにおいがする安っぽい紙面に赤鉛筆で線を引きながら、全国を走る電車の窓からの景色を想像した。
 
若い頃、年をとった人がよく言った。
「私達の若い頃は・・・。」
私も同じように年を重ねてしまったのか。
 
ムッチーへの家人からのプレゼントは、パーカーの万年筆。
ムッチーは、パーカーを知らなかったけれど、
「おぬしやるな。」・・・。素適なプレゼント。
 
今日の読売新聞の一面に、大きく選挙へ行こう、という内容の論説が載っていた。
いい事が書いてあるれど、
一面に、しかもこれだけ紙面をさいて載せるなら、
もう一歩突っ込んでくれ。
そう言うと、
家人は、
「それ以上突っ込んだらややこしくなるから。」と言った。
でもしかしながら、各新聞が同じような事しか書かなかったら、
どこの新聞を読んでも一緒。
 
知事や、市長は、選挙に関わって良いの。
それこそ公平でないとダメなんと違うの。
 
親しい親戚が、ずっと以前から代々選挙に出ているけれど、
ゆうえいの父は、ずっと公務員だったので、決して表立って親戚を応援しなかった。
 
物心がつくのが遅かったので、今頃気づくことが多い。
長いこと話さなかった赤ちゃんが、突然堰を切ったように、話し出すのと似ている。
 
明日は、家人は休みをとって甲子園ボールを見に行くらしい。
甲子園ボールに、自分が応援するチームが勝ち残れるかどうかわからない時にチケットを買っていた。
勝ったから良かったね。
ゆうえいもよくついて行った。
後、1秒でタッチダウンというところで爆睡したことがある。
最高のところに立ち会えていない。
何度かそんなことがあった。
最近もあった。
極度の興奮と緊張には耐えられない。
 
最近物心がついただけだからしかたがない。


2012/12/13

立嶋滋樹さんの個展・・・「白代の景(はくたいのけい)」

 
立嶋滋樹さんの個展が明日から
岡山のエスプリ・ヌーボーさんで始まります。
 
寒くて遠いですが、皆様おでかけください。

2012/12/12

「毎月11日の会」・・・。ふぅー。

 
「毎月11日の会 12月定例会」・・・終わりました。
 
10月に福島に行ったことを発表しました。
 
徳姉が終始リードしてくれて、ゆうえいは感じたことをポツポツと。
 
行って来ただけではまとまらなかったことが、
少しはまとまって非常に良かったと思っています。
 
ゆうえいの仲間達、里の母も参加してくれました。
 
感謝、感謝です。
 
2.3日中には、発表した内容を簡単にまとめて
ブログにあげたいと思います。
 
その時は読んでください。