2010/06/30

伊藤祐之さんの展覧会

向こうに見えるのは、60キロ前後。凛とした緊張感があります。
こちらの赤っぽいのは、ヌウーとした感じ。両手でつかめます。




「独楽が回転していて止まった瞬間、
逆に外に向かってエネルギーを放っている。
そして、辺りの空気を取り込む。」
伊藤さんがこのようなことを言いました。










小さな麻布を一枚一枚重ね、掌で触りながら出来上がった作品は、
力強さと、たくましい伊藤さんからは想像がつかない楚々とした感じを私はうけます。






大阪 不二画廊において
2010年6月28日~7月10日
06-6261-3840






壷田さんの白磁。掌中の珠…。


たいてい、少々の事が無い限り、朝は、バタバタ。

昨夜は、本当に何が起きたのか、玄米を炊くのに失敗した。
圧がかかってから、鍋の横から蒸気が漏れる。
パッキンに違いないと思い、途中で火を止め、圧がとれてから蓋を開け、パッキンチェック。
これを2回。
それでもだめで、サッカー観戦の家人に見てもらう。
その頃には、水分は飛んでいて、蒸気漏れが止まったかどうかわからない。
いよいよ、買えるぞ。
仕方がなく買い物できるぞ!!!

又、違うほうへ。

それで、少々固めの玄米でお弁当を詰めたり、なんだかんだ相変わらずの朝だが。

朝は金!のフルーツと、野菜と、ヨーグルトだけの、もちろんパンも、こんな簡単な朝食でも、
壷田さんの白磁良い!
なんて言って良いかわからない。

掌中の珠のように枇杷を包んでくれる。
ホント。
私、うまいこと言った。



これからいよいよ決戦の時。
ソフトバンクに行く。


私の携帯は依然このまま。
ずっとバックにこのまま入っている。
昨夜とうとう、電源が入らなくなった。

行ってきます。!!!

眉毛をいつもよりしっかり描きました。

2010/06/29

ハヨ元気になれ!


ゆうじゅさんからのプレゼント

最近連続で女性から花のプレゼント

名前は知らないけれど、ゆうえいをイメージしてくれたそう。
嬉しいです。たとえ女性からであっても。

それで、
以前のブログで紹介したことがある文房具の通販のお店のこと。
幸太郎さんの片岡義男の本の紹介を読んで、まねしして買ったことを記事にした時、
紹介したお店です。

その店のオーナーはゆうえいの古くからのお客様。
ナイスな女性。
カッコイイ女性です。

連絡がつかないのでおかしいと思っていたら、
大きな病気をして大手術をしていたのです。
幸いにも成功。
もうすぐ元気になってくれます。

それで昨年でしたか、
その女性から花をいただきました。

見たこともないような濃い紫の超大輪のダリヤ。
冗談抜きで私の顔が隠れました。

その花を花屋で見た時に、
「ゆうえいを思い出した。」と言って、買って持ってきてくれたのです。
その時もすごく嬉しかった。
「花もろた。花もろた。」ってキャーキャーとギャラリーで騒ぎました。

ゆうえいが喜ぶこと何で知ってんの?

ほんとに嬉しかった。

でもね。
何にも持たないで良いねんで。
早く元気な顔を見せてくださいね。











久しぶりの北新地




久しぶりの北新地。


伊藤祐之さんの展覧会の初日にでかけました。

ピーンと張った空気。
伊藤さんの熱い作品に対する思い。

T山さんと。

作品は大きなのが一点と、入ってすぐの小さい部屋に小さいのが一点。
お客様がたくさんいらしたので、後日写真を撮らせていただくことにしました。

それで、
その後、T山さんと、
「ちょっと鮨で一杯いきましょか。」
と、船場センタービルの地下へ。

女性は私達二人。
探さないと男性ばかりです。

おいしかったですわよ。
こんなおいしいもの男性軍だけではいけません。

下を向けないほどいただきましたが、思い出して撮ったのはこれだけ。




綺麗




それで、ちょっと一杯のつもりが、
「もう一軒いっとこかあ!」

スワ!!!
北新地へ…。


タクシーの中から。

「大阪で案内できるとこはここくらいとちがいまっか。」


久しぶりの北新地



スイーツのお店で。
私の掌を少し縮めた上に乗る大きさの食パンを買いました。
1,400円。
この大きさの約三倍くらいの食パンが、
なんと
12,000円。




ゆうえいは、展覧会の帰り、鮨をつまんで北新地で歌って帰りました。






2010/06/28

徳島  大塚美術館


こんな日に橋を渡っていきました。




こういうトンネル大好き。                            隧道?                                       死んだ人と、生きている人を                        繋いでいると聞いたことがあります。                   抜けたらそこはドッピンカンでした。

美術館に行く前に、もうひとつのお目当て。

全部は見せられませんけれどビックリ!!!



つりあじ



これ、くるまえびの天麩羅




やっと美術館につきました。

大塚製薬が、世界の名画を陶板に転写した壁面ばかりの美術館です。
さすがに、身体の不自由な人や、老人に優しい美術館です。
写真は撮れる。触っても良い。
車椅子の人がいっぱい。

良いと思います。






 







鉛筆を借りて、潮風を受けながらスケッチしました。

ゆったり、ゆっくり良い時間が流れました。




 
身体髪膚これすべて
ありがたくもあり…。
おそろしくもあり…。




大塚美術館


徳島の大塚美術館へ出かけた。

大雨の情報にも関わらず
雨にあわず。

モネが描いたことで有名な
睡蓮がちょうどみごろ。





綺麗でしょう。




綺麗でしょ。

楽しかったです。

又、報告いたします。







2010/06/27

桐竹繭紗也 法華寺に舞う


去る5月1日、奈良の法華寺で乙女文楽の桐竹繭紗也さんが
聖武天皇のお后、光明皇后の1250年大遠忌法要において奉納舞いをされました。
天まで届けとばかりの迫力のある素晴らしい舞台でした。
先日、その時の写真をいただきました。


日差しは強いけれど、大変な風の日でした。

ギャラリー佑英では、2008年秋 光藤佐さんの展覧会の、オープニングセレモニーで、
桐竹繭紗也さんに「黒髪」を舞っていただきました。


            

後見さんは、偶然にも佑英が御世話になっている作家さんの知りあいの方でした。                   びっくり。







ギャラリー佑英で、和蝋燭の元、舞っていただいた時もすごかったですが、
法華寺での舞は、光明皇后さんの魂まで届くようで感動いたしました。

2010/06/26

壷田さんの器を使われている方から…。


今回の「大草原の小さな家」展で、購入下さったM澄さんから、写真が届きました。                       

飴釉の鉢にゆうじゅさんのお菓子を盛ったものです。
「お菓子を入れただけなのに絵になります。」と、言ってくださった。                              ギャラリー冥利につきます。
ありがとうございます。                     

それに、
この部屋の赤いソファでくつろいでいるM澄ちゃんの様子も想像できて余計に嬉しくなりました。        
ありがとうございました。





誰にもあげない。



サランラップの上に玄米ご飯を薄く広げ、
その上に神宗の塩昆布二枚、
その上に、玄米、その上に、
大井の肉きんぴら、その上に、玄米、その上に
家人の弁当の残りのねぎ入り卵やき、竹輪とピーマン、椎茸のごま油炒めを乗せ、
最後に玄米を薄く広げ、
ギュッとにぎって、いつものバックに。

ギャラリーについてから、
乾海苔(ギャラリーの冷凍庫にいつもある。)を、
ガスコンロであぶって
持ってきたおりぎりをくるむ。



結局この大ばくだん握り。

これは誰にもあげられない。

先日などは、普通のお弁当を海苔の上にガバッと反対向けておいてくるんで食べた。





ギャラリーがやっとこさっとこ…。


展覧後2週間

ギャラリー内が元に戻らなかった

もうエエ加減にしないと
助っ人にアリスちゃんを要請

菜彩でランチ
和牛のハンバーグ

アリスちゃんも一緒なので仕方なくビール

すごい勢いでギャラリーが元に戻った。

前の小さい植え込みが汚いので、
お花の先生にエスオーエス。
整うまでは、しばらくかかるが
お花を植えてもらう。
楽しみ。

デッサンしたかった、
大輪のくちなしの鉢植えも探してもらうことに。

アリスちゃんはギャラリー内に風を起こしながら、右に左に片付けてくれながら、
来られたM田さんとも語り、
あっちで、こんにちわ、
こっちで、こんにちわ、
とかニコニコしてくれていた。

来年早々には三人目のお孫ちゃんが誕生。
パン!パン!パン!
絵文字が無いので口で。

アリスちゃんのおみやげ。           
可愛い。

大切な次の世代のチビちゃんが増えてくる。
なんだか不思議な気持ち。
大事に見守って、
少しは、政治のことにも関心を持とう。

ギャラリー佑英は平常営業に戻りました。

でも、まだまだ片付きません。
来週は、
キリンちゃんとアリスちゃんにお願いしよう。

頼みます。
感謝です。






2010/06/25

ソフトバンクさんにもう一言、ふたこと、みこと、よこと…。


とうとうこんなことになってしまった。

なんにもしていないのに、充電池が壊れ、はずれなくなった。

このままカバンに入れていった。

車中でブルブル震えても出られない。
ゲームもできない。

かっこ悪いでしょ。
このまま出すって。

ほんまに。
これはしょうがないです。

せやけど、どんなに考えてもソフトバンクはひどい。
私の周りはみんな言ってる。
全員言ってる。

あれだけコマーシャルにお金をかけるんだったら、スタッフに金かけろ!!!
よくもまあ、あれだけパッパラパアばかり集めたものだ。

ソフトバンクお勤め、もしくわ、関係者のパッパラパーの皆様。
たとえ、ゆうえいのパッパラパアのお客様がいなくなろうと、
ゆうえいは言わんといかん事はいわせていただきます。

「私は今度こそ乗り換えます。!!!」






黄昏の大阪

 

ヒルトンが大きくなってきた。
ギャラリーから大阪駅に向かっています。



チッョコシ早退。
すいません。

フロントガラス越しですが。


好きな街

好きな時





高層ビルのてっぺんの金網越し。
工事中の大阪駅。

カメラが欲しい。




2010/06/24

伊藤祐之さんの展覧会


伊藤祐之(いとうまさゆき)さんの作品です。
大好きな現代美術家です。
私物ですが、ギャラリーにおいています。

「これなんや?」
と、聞かれます。
「説明はいりません。」
と、偉そうに答えます。

材質程度は答えられます。
麻です。

開けられません。

伊藤さんが大阪の不二画廊で個展をされます。
楽しみな展覧会です。
多分会場に一個。
力のある作品はそれだけで十分存在します。
糸がピンと張ります。

初日にT山さんと出かけます。
I倉さんも来られます。



      
大阪 不二画廊において
2010年6月28日~7月10日
06-6261-3840







2010/06/23

菊地ルイちゃん

7月後半に予定しています、菊地ルイ コンテンポラリージュエリー展の打ち合わせで、菊地ルイちゃんが来ました。

楽しい展覧会になります。!!!

打ち合わせ後、近くのおじさまばかりの焼鳥屋さんへ。


ミックス焼き。


全部炭焼き。

鶏が硬くておいしいです。

いっぱい食べたのに、写真を撮るのを忘れました。

ゴロゴロと金網で炭の上で焼いています。

ポテトサラダ
わさび味

これ、我が家のメニューにいただき。


ハイレベルのミズナス


辛い!!!
名物のチキンカレー
注文したら、食べられるかどうか
ご主人が少しづつ味見をさせてくれました。


ナンも炭焼き


仕込み中のねぎ。                 ルイちゃんと感動。  ネギがミドリのグラデーションに。

酒燗器
感動!!!
こんなに立派な酒燗器に。
感激



右 ルイちゃん
左 おばちゃん

カウンターの中のチョーイケメンに写して貰いました。

又も酔っぱらいました。