2020/07/04

脇山さとみ陶展―サンスイスイー  終了いたしました。

 

このような状況下、はらはらしながらのオープンでした。
静かな展覧会は覚悟でしたが
日々多くのお客様の来廊を得ました。
アルコール準備していました。
それから熱中症対策に、350ccのペットボトルの水。
アルコール無し。
お茶もお出ししなかった。
密になりそうな時は、警備員のように
「しばらくこちらで。」とか
「そちらは離れて座って。」とか。

丸壷「毛紅、蓮華の図」 
「 双竜雲中ヨリ現ル」
 色絵山水栓付き花器「リリィ」
色絵山水栓付き花器「松上ノ 鳥人」
色絵山水栓付き花器「ジェイムズ」
色絵魚魚丸鉢

 
 今回の作品は全て脇山が勉強した山水の紋様を、脇山なりにアレンジしたもの。
だから山水よりラフなイメージで「サンスイスイ」
脇山は
「山水紋」と名付けたそう。
ひとつひとつ凄い。
引き込まれていく。
すべて手びねり、削りなし。
作品作りは大変な作業だったと思うが、それを感じさせない。
脇山作品の魅力。





久しぶりの仲間と外食しました。
 
ええやろ


 超絶嬉しかった!

偶然作家が集まってくれました。
超絶嬉しかった。

初めて脇山さとみさんに出会ってから20年。
長く続けていたからこその幸せがありました。
さとみちゃんの実力、まじめさ、想像力、
人との繋がりを大切にする姿勢。
改めて再確認いたしました。

どなた様にも「ありがとうございます。」と言いたい。
心から感謝申し上げます。